1. でも女にはまっとうな成功願望が不可欠だ "あの34歳の女"に見る欲のアンバランス

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

でも女にはまっとうな成功願望が不可欠だ "あの34歳の女"に見る欲のアンバランス

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

でも女にはまっとうな成功願望が不可欠だ

女の成功願望は、純粋な向上心の表れと言ったけど、それは“自分はどこまで行けるのだろう、一体どれほどのものなのだろう”その可能性を見てみたいという純粋な気持ち。あるいはまた女にとって成功は自己表現の重要な手段でもあったりする。女にはもともと自分をちゃんと見てほしいという本能があるから、自己表現の場をいつも求めている。仕事もそのひとつ。だから成功は、自己表現の大舞台なのである。さらに、女にとって成功は “幸せになること”と等しい。幸せになりたいと思うのは、女のDNA。昔の女は、幸せをじっと待ったが、今の女は幸せを自分でイチから組み立てようとするから“成功=幸せ”となる。

ついでに言えば、女がキレイになりたいと望むのも、やっぱり“成功願望”のひとつ。そう考えると、女の成功願望はじつにまっとうな女をつくるし、どんなに日の当たらない場所にいる女もちゃんとキラキラ輝かせる、絶対の決め手にもなってくる。それじゃあ、女がまともな成功願望を持てなかった時、あるいは歪んだ成功願望を持ってしまった時、一体どうなるのか? そこで思い出されるのが、前代未聞の結婚詐欺容疑の“34歳の女”。

  • 1
  • 2