連載 齋藤薫の美容自身stage2

一緒に高みに上がれる女 男にそう言わせる女になろう

公開日:2015.04.23

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

「彼女のどこが好き?何が決め手になったの?」その時、婚約者が何と答えるかは、女にとって大きな問題。「うーん……」と考え込んだ揚げ句「フツーなところ」と言われるのも淋しいし、「料理がうまいこと」と言われるのもどうかと思う。しかしズバリ「美人だから」と言われるのも少し複雑。“美人”は好きになるきっかけにはなっても、結婚する動機にはしてほしくない。何だか女として薄っぺらいという響きを持ってしまうから。とは言え「優しいところ」とか「しっかりしているところ」という答えも、どこか一面的。ああそうですか、と誉められたカンジがあまりしない。そういう意味では、せいぜい考え込んだ末、「ひとことじゃ言えない」くらい言ってもらいたいわけである。

相手が自分をどう評価しているのか?それはそのまま二人の関係を示し、幸せになれるのかどうかにまで直接関わってくる。そういう意味で、驚くべき“理想的な答え”が、東山紀之が木村佳乃との交際発覚に際してもらしたコメントだった。「一緒に高みに上がれそうな女性だから」。正直言って、今まで耳にした女性への評価の中で、これは最強。こんなことを言われてみたい、まさに女冥利に尽きる評価であると思うのだ。東山はその前に「頭のいい人ですから」とつけ加えているが、まさにそれ。“一緒に高みに上がる”なら、頭がいい、才能のある女でなければならないし、それだけじゃない。前向きで積極的で、向上心のある女でなければならないし、また“一緒に……”と言わせるからには、精神的にも成熟していて、協調性もあり、愛ある女でもないといけない。ある種パーフェクトな女にしか許されないこと。だからそれは、最大級の評価であると思うのだ。

かくして、“恋人のひとこと”で木村佳乃のイメージはさらに上昇したのは確かだが、もうひとつ見逃してはならないのが、女に対し、そういう評価ができる男の正しさ。まさにあのひとことで、東山紀之も、いきなり“理想的な男”になった。まず「料理がうまい」とか「美人だ」とか「優しい」みたいな一面的なことじゃなく、賢さと才能と精神の成熟をひっくるめた形で女をきちんと評価できる、それは客観性や視野の広さ、懐の深さをそっくり物語ったし、一緒に高みに上がれるという発想自体、女といつも対等でフェアである証。

そしてひとりよがりじゃない、それこそ思いやりも寛大さもある、愛情ある男だという証。今どきは、女を素晴らしいと評価できても、一緒に成長できない男もいるし、ハナから女を尊敬する気などさらさらない、またもっと成長したいという謙虚さそのものを持っていない男も多い時代。あのひとことは、今時の女たちが求めているものをすべて凝縮してる。そういう評価を受けられる女になるべきはもちろん、そういう評価のできる男に出会うこと。これはあらためて見えてきた、究極のテーマなのではないだろうか。

「”一緒に高みに上がれる女”と言われたい!そういう評価のできる男と出会いたい!!」

Edited by 齋藤 薫

公開日:2015.04.23

Serial Stories

連載・シリーズ