1. 良くないことにも意味がある。 キャリーにとってのビッグにも

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

良くないことにも意味がある。 キャリーにとってのビッグにも

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

良くないことにも意味がある。 キャリーにとってのビッグにも

“星占い”が当たらなくなってきた、という説がある。それは最近、太陽活動に少々の異変があって、地球への影響力を微妙に変えてきているから、とも。近ごろ各国で起こっているマグニチュード7以上の地震や火山の噴火はそのせいで、太陽系全体の力関係が変わってきてから、星占いの統計学が及ばない、運命の番狂わせも起きているということなのだ。だから“不幸せなこと”も星のめぐりでやってくるものと思っているなら、その考えを今、少しだけ変えてみる。すべては星のめぐりと考えると何かがあっても星のせいにしてしまう。たぶんそれではいけないのだ。何も考えないから。むしろ“良くないこと”にもすべて意味がある、と考えるべき。なぜ悪いことが起こったのか、それを自分に何かを教えるため、修業のため、試練として起こったことなのだと思うことにより、不幸も不運もすべて身になってくる。“良くないこと”ほど、血となり肉となっている。

あるセレブは二度の離婚の末に40代になってから、あらためて“運命の人”に再会して即結婚を決めたというが、その相手は20代半ばに好きだったのに別れてしまった元恋人。もしその時に結婚していたら、間違いなく離婚していた。そうしたら、もちろん40代での結婚はなく、生涯寄り添って生きることはなかっただろうという。だから過去を振り返って、まさにこう言った。20代での別れにも二度の離婚にも、すべて意味があった。別れた元夫たちもみんな今、紆余曲折があったからこそ、ちゃんと幸せになっているのと。そういう運命だったと言ってしまえば簡単だけれども、別れや離婚をきちんと噛みしめ、意味のあることとして、しっかり踏みしめて前に進んだからこそ、本当のパートナーにもう一度出会えたのだと、その人は言った。

  • 1
  • 2