1. 別れても別れても、ずっと好きなままにさせる そういう女は、何が違う?

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

別れても別れても、ずっと好きなままにさせる そういう女は、何が違う?

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

別れても別れても、ずっと好きなままにさせる そういう女は、何が違う?

男のほうが、女よりもずっとロマンチストだと言われる。だから、別れた人の存在をいつまでも残しておくのは、男のほうだと。女はまったく現実的で、次の男が現れれば、前の男の想い出は、するする消去されていく。逆に、次の女ができても、結婚してしまっても、前の彼女はどうしているのだろうという想いを消せないのが、男という性なのだ。“男のロマン”とも言うけれど、“女のロマン”とは言わない。男は果たせない夢をいつまでも抱えもって生きる生き物。女は現実をがっちり見極めて、損得を考える生き物。そう考えてもいいかもしれない。もちろんすべての女を心に残しているわけじゃなく、ひとりかふたりの指定席を作っていて、必ず誰かを座らせるのだ。

じゃあ、どんな女が生き残り、どんな女が生き残れないのだろう。そもそも自分は、別れた男の脳裏に、どんな女として残っていくのか、考えたことがあるだろうか。じつは、“別れた男の中で生きているイメージ”こそがあなたという女の女としてのイメージそのもの、なのだそうである。いつもガミガミ怒っていた女の記憶は、いきなり不機嫌な顔が浮かんでしまい、いつも高らかにケラケラ笑う女は、笑顔しかない女として残るだろう。ひとまずは、日頃相手にいちばんよく見せた表情が、相手の記憶の中に刻まれるのは間違いないが、指定席に残っていくかどうかの基準は、もちろん別のところにある。

  • 1
  • 2