1. 心のインナービューティーに。茨城・千葉のパワースポット

2016.05.07

心のインナービューティーに。茨城・千葉のパワースポット

自分の意志をもっている女性は美しい。それは揺るがない真の強さが輝いて見えるからでしょう。あなたの内なる心を高めてくれるパワースポット。茨城の鹿島神宮、千葉の香取神宮を紹介致します。

心のインナービューティーに。茨城・千葉のパワースポット

占星術師のステラ薫子です。
4月に熊本、大分で大きな地震がありました。この震災で、被災されたみなさまには謹んでお見舞いを申し上げます。また一日も早い復旧を心よりお祈りいたします。

今回私が紹介させていただくのは茨城の鹿嶋市にある鹿島神宮と千葉県香取市の香取神宮です。

Image title

仕事の有事には鹿島神宮

まずは鹿島神宮を紹介しましょう。私が仕事に関する決断をする際、訪れる場所です。
非常に大きな神社で、一周するのはかなり時間がかかります。鹿園や御神木を横目に、本殿へ向かうまでもそれなりの道のりです。

Image title

森のような緑の濃い参道を通り、本殿へ向かう道を歩いているだけで足の底からエネルギーが湧いてきます。境内に入ると、ふっと迷いが晴れるような気持ちがします。一歩進むごとに、そうだ、こうしよう、そんな決意が生まれてくるのです。

Image title

縁の深い二つのパワースポット

さて、今回、私は鹿島神宮と香取神宮のふたつのパワースポットを紹介する理由を説明致しましょう。この鹿島神宮と千葉県香取市にある香取神宮は東国三社に数えられ、とても縁が深いのです。

Image title

まずは鹿島神宮の御祭神が、武甕槌大神(たけみかつちのおおかみ)この神様は日本神話では、天照大御神の命を受けて香取神宮の御祭神である経津主大神(ふつぬしのおおかみ)と共に出雲の国に天降り、大国主命と話し合って国譲りの交渉を成就させた日本建国の説話がある軍神です。

勝負の神の神宮ですから、仕事運、健康運を願うのには適した神社と言えるでしょう。私は鹿島神宮に訪れるときは、ちょっと距離がありますが、香取神宮にも足を運ぶようにしています。

Image title

香取神宮は山中にあり、鹿島神宮の広大な雰囲気とはまた違い、自然の強さを感じさせてくれる野趣あふれる場所です。なんだか境内に入るとほっとするような冒険心がくすぐられるような、そんな気持ちになります。

鹿島神宮と香取神宮、どちらもとてもパワーが強く、都会の力から私を解放し、憩いの空気を醸し出しながらも、私の意志を高めてくれるのです。


ちょっと恋愛や美容とはかけ離れているように感じるかもしれませんが、この神社は内なる芯の強さを導き出してくれるパワースポットなのです。かよわそうに見える女性がある日、ふっとみせた凛とした強さ、これは男性だけでなく女性の心も動かします。
こういったはっとする魅力を磨くのも、心のインナービューティーだと思います。

もっと自分らしく生きたいと思っている方、自信を持ちたいと思っている方、ぜひ鹿島神宮や香取神宮を訪れてみてください。



そしてもうひとつ。
このふたつの神社には「要石」という石が置かれています。

Image title

地中深くまで埋まる要石が、地震を起こすナマズの頭を抑えていると古くから伝えられています。かつて、水戸の徳川光圀公がどこまで深く埋まっているか確かめようと7日7晩にわたって掘らせたものの、いつまで経っても辿り着くことができなかったという伝説が残っています。この要石、鹿島神宮の要石の形状は凹型で、香取神宮は凸型。地中で繋がっていると言われます。


どちらもちょっとわかりにくい場所に入っていくことになるので、境内図をしっかり見て探してくださいね。


九州の余震が一日も早く収まることを祈っております。