1. 曲がった心の直し方 意地悪になるチャンスを自分に与えぬこと

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

曲がった心の直し方 意地悪になるチャンスを自分に与えぬこと

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

曲がった心の直し方 意地悪になるチャンスを自分に与えぬこと

私って性格悪い?そう思う瞬間が一度でもあった人は聞いてほしい。いやそもそもが性根から曲がっている人は、いくら悪態をついたとしても“自分の心が曲がっている”なんて微塵も思わない。逆に自分の性格を客観的に見つめられる人に、天性の性悪はいないから大丈夫。にもかかわらず、人はいつでもどこでも、アッという間に意地悪な女になれてしまう。たとえばこういうことってないだろうか?眠れぬ夜、同僚の失礼な言動が許せなくて、暗闇を見つめながら悶々とする。やがて“よーし、明日はイヤミのひとつも言ってやろう”と心に決めたところで、ようやく眠りに入っていく。でも翌朝、その同僚といつものように「おはよう」の挨拶を交わしてしまうと、やっぱりこの人、そんなに悪い人じゃないしと、たちまち思い直して、夕べの怒りのほこをおさめてしまう。性根が悪くない人って、所詮はそういうものだと思うのだ。

じゃあ、こんなことはないだろうか?他の同僚とのおしゃべりの中で、失礼な同僚のことを話題にし、相手もそうなのそうなのと聞いてくれるものだから、ついつい調子にのって、気がつけば“悪口”を並べてた。その勢いで夜はまた悶々と、明日の仕返しを考えているようなこと……。ただしこの場合は、翌朝の「おはよう」も、相手を許すきっかけにはならない。一度ハッキリ言葉にし、第三者の“共感”を得てしまったから、ある種ひっこみがつかなくなっている。同僚の手前も、何かしなきゃという妙な使命感が生まれていて、だから“イヤミのひとつ”も口に出し、ぎくしゃくした関係を自ら招いたりするのである。かくして、心が曲がってしまうのには、明らかにきっかけがある。

  • 1
  • 2