連載 齋藤薫の美容自身stage2

モテる女の別れ方 モテない女の別れ方

公開日:2015.04.23

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

“熱愛発覚”という報道があって、しばらくすると、“破局か!!”という報道がある。これまで綿々と繰り返されてきた恋愛報道。結婚か? 破局か?どうしてもどちらかの結論を出さないと気が済まないマスコミは、ともかくせっかちに答えを決めたがるけれど、男と女の破局の仕方は千差万別、カップルの数だけ別れ方があり、ドラマがあるはずなのに、といつも思う。恋の始まりは、どのカップルもみな似たようなものだが、別れ方はそれぞれハッキリ違う。いつも振られる形になる人もいれば、いつも振る形になる人もいる。出会い方以上に、別れ方にその人の本質が見えてくるのもそのため。相手が世界的VIPだからだろうが、道端ジェシカとF1レーサーのバトンのカップルには異例の注目が集まっていて“破局”が報じられたかと思えば、数ヵ月後に“復縁”という記事。しかし、破局も復縁も大げさすぎる。男と女は所詮くっついたり離れたりを簡単に繰り返すもの。ましてや、モテる女はそういうことを繰り返しやすい。

なぜなら、ブランクがあっても、別れ話が出ても、相手の気持ちはまだ自分にある、そう簡単には離れていかないはずと思うのがモテる女。逆に言えば、 もしこの人と別れてしまっても、わりにすぐ新しい未来が開けるという自信も、モテる女には潜在意識の中にあるからこそ、そういう危うい関係を自ら招いたりもできるのだろう。しかし、ひとたび自分が劣勢になってしまったと感じると、そんなはずはないと思うのも、モテる女の特徴。そこに妙なプライドが首をもたげてしまうから、余計に素直になれなくて、関係をダメにしてしまうケースが少なくないのである。

ここではモテない女のほうが、多少とも謙虚になるが、その反面、 一回一回の恋愛は重くなるから、相手の“重量”とのバランスが悪くなり、結局危うい関係を修復できなかったりする。つまり、どっちも別れを回避できないのだ。モテる女も、モテない女も。そういう意味での経験を、次の恋愛に反映させてしまうと、多くの恋愛はうまく行かなくなるということ。なぜなら、「モテる」も「モテない」も思い込み。必ず判断を狂わせる。

男たちに置き換えて考えてみてほしい。自分のことをモテると思っている男はやっぱり身勝手だし、自分のことをモテないと思っている男はいつも卑屈で面倒臭い。つまりモテるモテないはひとつの特定の恋愛が始まってしまったら、もう邪魔なだけ。恋愛は“その都度その都度まったく違うもの”という意識で取り組まないと、どんな恋愛もうまく行かないのである。恋愛は経験するほど、失敗が少なくなるのは確かだけれど、モテるモテないは、人を育てない“認識”、だから頭の中から追い出すこと。別れは、ひとつひとつが本当にドラマ。踏み誤らないようにあらゆる邪念を捨てて取り組もう。本当にその人と別れるべきなのか?

「モテるモテないの認識を実際の恋愛に持ち込んでは絶対いけない。」

Edited by 齋藤 薫

公開日:2015.04.23

Serial Stories

連載・シリーズ