1. なぜ一番じゃなきゃいけないの? 女が二番でもいい理由

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

なぜ一番じゃなきゃいけないの? 女が二番でもいい理由

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

なぜ一番じゃなきゃいけないの? 女が二番でもいい理由

いわゆる“ミスコン”に共通するある傾向。それは誰が見てもイチバン美人と思う候補者はまず一番にはなれないこと。世界大会から、町興しのローカルなミスコンまで、ほとんどすべてのミスコンで同じことが起きていて、何だか釈然としない想いにとらわれることが多いはず。イチバンの女は、一番になれない……しかしこれは、むしろ日常生活にこそ見られる傾向だったりする。もちろん、どうしても一番でなければ意味のないものもある。たとえばスポーツの競技は二番じゃ負けたのと一緒。一位と二位の差はあまりに大きい。それも数字でハッキリと順位が出るからで、文句のつけようのない一番だから。

しかし“女のイチバン”は何をもって一番なのか割り切れないうえに“美貌=魅力”ではないという、ある種の道徳観のようなものが邪魔をする。美形だけが美しさじゃない。美貌だけが魅力じゃないという“建前論”がみんなの中にどうしようもなく息づいているから。何かの力に誘導されるように二番手か、三番手を選んでしまうのである。一方に、“一番好きな人とは結ばれない”という言い伝えがある。これはそもそも、“人生、思い通りにはならないもの”という教えだが、どこかに“一番の人”には落とし穴があるという予感を含んでる。一番の人を選ぶと損をするという予感が、誰の中にも何となくあるからこそ、いつの間にかそれが相手選びの極意のようになってしまった。一番の男の危うさを、一番の嘘を、本能が感じているのである。

  • 1
  • 2