1. 女を不幸にする、"危ない出会い"を検証する 1年後2年後に気づく不幸

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

女を不幸にする、"危ない出会い"を検証する 1年後2年後に気づく不幸

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

女を不幸にする、

昔の女は、どんな人がいい?と聞かれると、もっぱら「誠実な人」と答えた。裏を返せば、昔はもっと不誠実でいい加減で浮気っぽい男が多かった、ということ。そういう男ほど女に目がなく、遊ばれないよう何倍も注意が必要である上に、女はもともと、その種の男に弱いことにどこかで気づいているから、わざわざ「誠実な人がいい」と口に出すことで、自衛をしていたのだろう。

でも今、“危険な男”自体が減った。そういう意味で女に不誠実な男は激減したと思う。単純に、“男たちの体の中”でオスの本能が消失しているから。言うまでもなく草食化の産物だ。だから口では“誠実な人がいい”と言いながら、じつは危険な男に心惹かれるDNAを持つ女は、まさにそういう男たちに飽きたらず、年を重ねた分だけオスっぽい匂いを増している40代男に走りがちなのだ。それも“40代男×20代女”が成立しやすい要因のひとつ。

  • 1
  • 2