連載 齋藤薫の美容自身stage2

好きになっていい男、いけない男 女が絶対不幸にならない選択

公開日:2015.04.23

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

“好きになってはいけない男”の最たるものはもちろん“自己愛の強い男”。でも同様に絶対避けるべきは、“自分を愛してくれない男”。そんなの当たり前と言うかもしれないけれど、じつは恋愛においていちばんおかしやすいミスが、それなのである。“好きな人からは愛されず、好きではない人から愛される”……そういう不条理が恋愛にはつきもので、あらゆる悩みはそこから始まると言ってもいい。嫌われていたら近づかないが、最低嫌われていないと思うと、小さな可能性にすがってしまう、女にはそういうクセがあるのだ。けれども毎日会いたい女と、一ヵ月に一度会えばいい男の恋はハナから成立しない。だから、やっぱり絶対の極意は“自分を手放しに好きになってくれない男は、好きにならない”ことなのだ。これさえクリアできれば、女は絶対不幸にならない。それはバカバカしいくらい当然な、人生のもっとも簡単なルール。

そもそも親のもとで愛されることに慣れていた人間が、急に愛されなくなるところに、あらゆる不幸が発生する。やっぱり女は、一生愛されながら生きるべき運命にあるのだから。でももうひとつ、必ずクリアしなければいけないのが、会話が無限に続く相手であること。ハッキリ言って、“趣味”なんて100%違っていたっていい。そんなのあとでいくらでも操作できるのだから。しかし“会話の相性”だけはあとからではほとんど修正がきかない。“結婚は長い会話である”という言葉があるくらい、夫婦が一生涯続けなければいけないのが会話である。“空気みたいな関係になりたい”なんて言うけれど、そんなのウソ。会話がなければ女は必ず孤独を感じる。必ず哀しくなる。私は愛されていないんだと思うだろう。だから大切なのは、会話が無限に続くパートナーを選ぶことなのである。愛されているという実感のために。

しかし、無限に続く相手かどうかは、これまた1年以上たたないとわからない。男と女はとりあえずお互いの魅力を語り合い、お互いなぜそれほどお互いが好きなのかを語り合う。恋愛においていちばん幸せな時期である。でもそういう会話をひとしきり済ませると、途端に会話がなくなる男女は少なくない。そこから先もずっと会話し続けられる相手でなければ、絶対にダメなのだ。とは言え、一方的にしゃべる男には、聞き役が楽な女がベストなわけだし、おしゃべりな女には無口な男で充分だ。そもそも男と女の相性ってそっくり会話の相性のことなのである。性格の不一致って、要は会話が続かない関係を指すのである。

と言うわけで、自分をいくら愛してくれても、会話が続かない男との間には長い人生、愛が育めない。一生好きでいられる決め手はそこなのだ。そこさえクリアすれば、女はだいたい幸せな人生を送れる、それが道理の世の中なのである。

「男と女は空気になんかなれない。一生会話し続けられないと一緒には生きられない」

Edited by 齋藤 薫

公開日:2015.04.23

Serial Stories

連載・シリーズ