連載 齋藤薫の美容自身stage2

女が転機と感じる時 転機は、自ら呼び込む勇気である

公開日:2015.04.23

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

「これは、転機かもしれない」そう思ったのはどんな瞬間だろう。ある人は「ヘッドハンティングされて、生涯最大のチャンスが巡ってきたと思った時……」と言い、別のある人は「結婚しようと思っていた人に振られた途端、仕事で別の部署に異動になった時……」2人の転機の捉え方は、まったく逆。良いことが起きた時こそ“転機”と捉える人、反対に悪いことが起きた時こそが“転機”であると考える人……。でもたぶん、どちらも正解だ。“転機”とは、そもそも悪いことも良いことに変える運気みたいなもの、チャンスを棒にふらない運気でもあるからだ。

じつはこういう人もいる。「今まで転機に出くわしたことがない」確かに転機などは無理矢理作るものではないし、年がら年中“転機”だったら落ち着かないが、“転機”を転機と思わずにやりすごしてしまうのはまずい。なぜなら、“今が転機”と思った時だけ自然に湧き上がってくるエネルギーの存在は、ぜったい否定できないからである。たとえば、チャンスが巡ってきた時、それを転機と思わないと、それこそチャンスをつかむ握力が生まれない。チャンスは向こうから勝手にやってきて、放っておいても自分を幸せにしてくれるはずと思ってしまうと、意外にそっけなく身をかわしてどこかへ行ってしまうもの。だから意識して大げさに“転機”と考えるべきなのだ。

そして一方、悪いことが起きた時こそ、有難い転機がやってきたと、頭の中で明確に捉え直すべき。特に悪いことが2つ重なった時は口に出して他者に言う。「私、今転機なの」と。ただ思い切りへこんでしまう人も少なくないはずで、そうなると人生はもう前へ進まない。それは自分がどうしても変わらなければならない宿命にある時なのだと、思いきり大げさに考えないと、気持ちがクサっていくだけだと思う。

悪いことが容赦なくやってきた時、逃げるのでもなく、すごすごと従うのでもなく、“転機”と思うと湧いてくるエネルギーを使って、思い切って変わってしまおうと思うこと。嫌な“流れ”を感じたら、ぐずぐずしないで自分からくるりと身を翻して立場ごと自分を変える。そのまま歩いていこうとするから、心が折れやすくなるのだ。極端な話、望んでいない仕事場に移されるなら、いっそ辞めちゃおう!思い切って転職しようと思えるのが、転機のエネルギー。男に振られちゃったなら、望むところよと思えるのも転機の力。しばらくひとりで生きてみようと思うエネルギーも、もっとイイ男を見つけてやると思えるエネルギーも、転機という意識にもれなくついてくる。だから最悪の時こそ、その流れを"転機"に置き換えること。人は人生に3軒の家を建てるというが、転機も最低3回。そのくらいあった方が、人生はむしろシンプルになる。なぜって余計なものを切り捨てて、早く目的地に着くはずだから。

「今が転機と思うと、悪いことを良いことに変えるエネルギーが自然に湧いてくる。」

Edited by 齋藤 薫

公開日:2015.04.23

Serial Stories

連載・シリーズ