1. 女が転機と感じる時 転機は、自ら呼び込む勇気である

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

女が転機と感じる時 転機は、自ら呼び込む勇気である

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

女が転機と感じる時 転機は、自ら呼び込む勇気である

「これは、転機かもしれない」そう思ったのはどんな瞬間だろう。ある人は「ヘッドハンティングされて、生涯最大のチャンスが巡ってきたと思った時……」と言い、別のある人は「結婚しようと思っていた人に振られた途端、仕事で別の部署に異動になった時……」2人の転機の捉え方は、まったく逆。良いことが起きた時こそ“転機”と捉える人、反対に悪いことが起きた時こそが“転機”であると考える人……。でもたぶん、どちらも正解だ。“転機”とは、そもそも悪いことも良いことに変える運気みたいなもの、チャンスを棒にふらない運気でもあるからだ。

じつはこういう人もいる。「今まで転機に出くわしたことがない」確かに転機などは無理矢理作るものではないし、年がら年中“転機”だったら落ち着かないが、“転機”を転機と思わずにやりすごしてしまうのはまずい。なぜなら、“今が転機”と思った時だけ自然に湧き上がってくるエネルギーの存在は、ぜったい否定できないからである。たとえば、チャンスが巡ってきた時、それを転機と思わないと、それこそチャンスをつかむ握力が生まれない。チャンスは向こうから勝手にやってきて、放っておいても自分を幸せにしてくれるはずと思ってしまうと、意外にそっけなく身をかわしてどこかへ行ってしまうもの。だから意識して大げさに“転機”と考えるべきなのだ。

  • 1
  • 2