1. 何を今さら"女子会"の深層心理 そもそもなぜ、女子会なのか?

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

何を今さら"女子会"の深層心理 そもそもなぜ、女子会なのか?

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

何を今さら

「今日は“女子会”なの」と家族に言って外出する自分に違和感をもち、一抹の恥ずかしさをもったという人がいた。確かに、“女だけで集まる飲み会”など昔からみんなやっていたこと。数年前までは単に「友だちとゴハンしてくる」と言ってたのに、なぜ今わざわざ“女子会”と呼ぶのか?そもそも女たちが自分を“女子”と呼ぶのも、自分は“女”と呼ばれるほどギラギラした女じゃない、“女性”と呼ばれるほど女らしくもない、“女の子”と呼ばれるほどナマやさしくもない。だから10代後半までの“単なる性別”にすぎなかった女子……その感覚はごもっとも。

ひょっとすると“合コン至上主義”の時代に“女”を一生懸命にやりすぎて、ほとほと疲れてしまったのかも。合コンでの女たちは“女性”を要求されたり“女の子”を要求されたり、またその通りに自分を作りかえる女もいたりして、“ザ・女”をやっていることに嫌気もさしてきたってことなのじゃないか。だから男を排除したことを、あえて強調するための“女子会”。自分たちはもう合コンに振り回されて、“モテ”を狙う女じゃないことも同時に示すために。もう“モテ”を意識せずに、自分の着たいものを着て、塗りたい色を塗る、まったく自由なオシャレをして集まって、しゃべりたいことをしゃべるぞという宣言なのだ。

でももうひとつ、その意識の奥には明らかに女の進化がある。女はこの数十年間の間に、完全に“社会進出”を果たし、男並みに働き、厄介な人間関係も体験した。合コン三昧で、実際の恋愛経験以上の男をつぶさに見て、いつの間にやら男たちの生態をかなり正確に把握し、一方で女同士さまざまに“牽制”し合ったり出し抜いたり、女の生態もまたかなりの精度で知ってしまう。

  • 1
  • 2