1. 自信満々の女たちに告ぐ 「能ある女は、自信を3割だけ隠す」

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

自信満々の女たちに告ぐ 「能ある女は、自信を3割だけ隠す」

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

自信満々の女たちに告ぐ 「能ある女は、自信を3割だけ隠す」

何らかのスキャンダルに見舞われた時、女優は自分が好かれているのか嫌われているのか、初めてその現実を知ることになるという。昔のように“嫌われる女”の象徴であった“媚を売る女”は今、激減したから、女が“嫌われる理由”がどうにも見えにくくなっているのだ。でもそこをあえて突きつめていくと、ひとつのキーワードが見えてくる。“自信”である。不倫スキャンダルで非難の矢面に立たされた「クイズの女王」は、とばっちりで名前が出されたにすぎないのに、結局悪者にされけっこう分が悪い。それも日頃の“自信”のせい?今どき自信のない女は魅力もないから、自信はちゃんとあってほしいが、問題は“自信の見え方”。“自信満々”に見えてしまう女は、思わぬ所で抵抗に合うのだ。

もちろん自分の能力を知っていれば、とても自然に自信は生まれる。ただそれは人に見せる必要のない自信。本来、“自信”というものは何者かと戦う時、何かに挑む時、心で負けないように自分の能力を信じるためのもの。動物は反射的に“敵”に自分を大きく見せるが、自信をわざわざ人に見せるのはそういう時だけでいい。真に優れた人間は、見せなくても勝てるから見せないものなのだ。

  • 1
  • 2