1. 自信はあるのに、力を持て余している人に告ぐ 「自信とは、評価を持つためのエネルギー」

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

自信はあるのに、力を持て余している人に告ぐ 「自信とは、評価を持つためのエネルギー」

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。


たとえばの話だけれど、昨年ブレイクして紅白の司会まで務めた松下奈緒も、“トイレの神様”の植村花菜も、まったくの新人ではなく、ある意味地道にキャリアを積んでいた人たち。でもある日唐突に大チャンスがやってきて、もともと才能があったからそのチャンスを確実につかんだ。いずれも自然な自信を秘めていて、気負うことなくチャンスに力を発揮したタイプ。もちろんこの先、一体何をするか、なのだけれども、少なくとも、力があれば必ず評価はされるのだという確信をもっただけでも、これからの人生まるで違ってくる。

人に見せない自信は、そういう時にこそエネルギーとして使うべき。いつか力が認められると信じるためにある“自信”。まさに自信は人に見せるものじゃなく、信じて待つためのもの。人に見せる自信は評価されない焦りをよび、自分を苛立たせるばかりだが、自然な自信がある人は強い。苛立たずに待てるから。だから秘めたる自信で自分を満たして、評価を待とう。悠々と。

「人に見せない自信は、自分の力を信じて、悠々待つためのもの」

  • 1
  • 2