連載 齋藤薫の美容自身stage2

恋愛は外見で。結婚はむしろ”頭でする”ものだ 幸せレースは、頭のいい女が勝ち

更新日:2021.02.22

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

夫婦はよく“顔が似る”と言われる。これは同じものを見て、同じことに笑い、同じものを食べて美味しいと言うから。しかもその時々、お互いの顔を見て、感情と表情を一緒に形状記憶していくから……。もともと“ひと目惚れ”で結婚したカップルは、同じ目をしていたり、どこかがハッとするほど自分に似ていたり、懐かしく思ったりするパーツが顔の中に潜んでいることが多い、なんて言われるが、一緒に暮らしていると、きちんと似てくるのも運命のうちなのかもしれない。

しかし意外に見落としがちなのが“頭の相性”。最近は「どんな女性がタイプ?」と聞くと「頭のいい女性」と答える男が増えている。むしろ男のほうが早く気づいているのだ。女の幸せは“頭”の良さが持ってくること。言いかえるなら、恋愛は外見にモノを言わせてするものだが、結婚はむしろ頭でするものなのである。女はそこをついつい忘れがち。結婚も、ビジュアルと若さと運命でするものだと思っている。男との相性も、占いで占うものだと思っている。しかし違うのだ。“頭の相性”がじつはいちばん大切なのである。

じつは結婚において、あまりよく知られていない事実がある。多くの夫婦は、IQの数値がほぼ一緒という……。なるほどそうかもしれない。おさまりのいい夫婦の“おさまり”は、ビジュアルじゃなくIQだと言われると納得できる。もちろんここで言うIQは、分別とか社会性とか人としての賢さも含めたもので“性格の不一致”と表現される離婚理由もじつはそういう意味での賢さが足らなかったせい?お互いか、どちらかが“愚かさ”を感じたせいではなかったかと思うのだ。

特に男たちが「頭のいい女性がいい」とハッキリと口にするのも、結婚がうまくいくもいかないも、“女の頭”にかかっているという証。女が強い家庭のほうがうまくいくという言い伝えも、家庭は妻の賢明な采配が圧倒的なカギになるという意味。そこを男はちゃんと見抜いていて、表向き美人をチヤホヤしている男も、そこのところはきっちり見ていて、結局は賢い女を探しているのだ。1年足らずで破綻してしまうような結婚は、やっぱり頭をまったく使わずに決断されたはずで、出会いもまた結婚生活を続けるのもじつは頭の良さこそがモノを言う。そして幸せになる上でもいちばん重要なのは何かと言ったら、これはもう頭の良さが絶対条件なのである。

そう言えば、木村佳乃の結婚に際しても、東山紀之が「頭がいい方で、一緒にいて高みに行ける方」と言った。明らかに“頭のいい女性”を選んだから、未来は明るいぞと思ったのだろう。ついでに言ってしまえば、先ごろ結婚した木下優樹菜も、“おバカタレント”どころか、地頭の良さで選ばれた女。だからこの結婚、たぶん長続きする。女の幸せは、キレイ以上に頭の良さ?幸福論の盲点である。

「表向き、美人をチヤホヤする男も、じつは”頭のいい女”を探してる!」

Edited by 齋藤 薫

公開日:2015.04.23

Serial Stories

連載・シリーズ