連載 齋藤薫の美容自身stage2

人間関係は、いつも”おあいこ” 嫌いと思うと嫌われる

公開日:2015.04.23

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

「馬鹿」っていうと「馬鹿」っていう。「ごめんね」っていうと「ごめんね」っていう。本当にそうと、とても素直に思った人は少なくなかったはずだ。CM自粛で繰り返し聞かされた詩の一節。重々わかってはいるけど、日頃忘れていたことを思い出させられる時って、けっこう胸にズンと来るもので、子供の頃以上に、大人になった今は尚更そうって気付いた人が多かった。

あの人、嫌い……仕事場で、そう思う相手には、きっと自分も嫌われている。本来そういうものなのに、日頃それを忘れがちだから、いつまでたっても関係が良くならないことにも人は気付かない。それどころか、「馬鹿」には「馬鹿」、「もう遊ばない」には「遊ばない」、そうやって何の根拠もなく、お互いの嫌いがエスカレートしていくのが人間関係の常。あの人、どうも好きになれないという相手が、たとえば職場の同僚で、いつも視界に入っていると、わざわざ“気にくわない言動”を探して、もっと嫌いになっていくのも人のサガ。その結果、自分ももっと嫌われていくとしたら悲しいことだが、所詮は人間関係ってそんなもの。

いや、職場における人間関係はもともと浅いからこそ、そんなふうに、何も起きなくても嫌いが増えていってしまう。その反面、好きも嫌いもじつは紙一重で、たまたま一緒にランチしただけで、「この人、けっこういい人かも……」なんて突然“好き”に転じたりもするものなのだ。嫌いになるのもひょんなこと、好きになるのもひょんなこと。だからもし“気にくわない人”があなたにいるとしたら、それってホントの“嫌い”なのかを見極める必要があるのかもしれない。じつはちょっとしたことで、“好き”に転じる程度の嫌いなのじゃないかってことを。

さらに見直したいのは、自分から先に人を嫌いになってはいないかという問題。変に正義感が強い女って、あの人嫌い、あの人間違ってる、あの人ヘンと、あっちこっちに“嫌いな人”をつくってしまうことになりがち。そもそも正義感が強いくらいだから、“ちゃんと正しい人間”のはずなのに。そしてそれは、当然のこととして自分もあっちこっちから何となく嫌われている証拠。“嫌いな人の山”がそのまま“自分を嫌いな人の山”になってしまっている。正義感の強い人は基本的に自分は正しいと信じているから、まさか自分がそれほどの敵をもっているなど思ってもみないのだろう。

たぶんそういう人こそ、根っから意地悪じゃないから、“嫌い”と“好き”は自分の中で紙一重、ちょっとした視点の違いでいくらでも人をちゃんと評価できる人なのに、もったいない。もっと好かれる女なのに。こんな時だから思う。もっと人を“好き”になって、もっと人から好かれる女になること。見落としがちなテーマだからこそ、今意識したい。「好き」と思えば「好き」と思われる。女同士ほど、そうなのだって。

「正義感の強い女ほど、じつは”嫌いな人”の山をつくってしまいやすい」

Edited by 齋藤 薫

公開日:2015.04.23

Serial Stories

連載・シリーズ