1. 人間関係は、いつも"おあいこ" 嫌いと思うと嫌われる

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

人間関係は、いつも"おあいこ" 嫌いと思うと嫌われる

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

人間関係は、いつも

「馬鹿」っていうと「馬鹿」っていう。「ごめんね」っていうと「ごめんね」っていう。本当にそうと、とても素直に思った人は少なくなかったはずだ。CM自粛で繰り返し聞かされた詩の一節。重々わかってはいるけど、日頃忘れていたことを思い出させられる時って、けっこう胸にズンと来るもので、子供の頃以上に、大人になった今は尚更そうって気付いた人が多かった。

あの人、嫌い……仕事場で、そう思う相手には、きっと自分も嫌われている。本来そういうものなのに、日頃それを忘れがちだから、いつまでたっても関係が良くならないことにも人は気付かない。それどころか、「馬鹿」には「馬鹿」、「もう遊ばない」には「遊ばない」、そうやって何の根拠もなく、お互いの嫌いがエスカレートしていくのが人間関係の常。あの人、どうも好きになれないという相手が、たとえば職場の同僚で、いつも視界に入っていると、わざわざ“気にくわない言動”を探して、もっと嫌いになっていくのも人のサガ。その結果、自分ももっと嫌われていくとしたら悲しいことだが、所詮は人間関係ってそんなもの。

いや、職場における人間関係はもともと浅いからこそ、そんなふうに、何も起きなくても嫌いが増えていってしまう。その反面、好きも嫌いもじつは紙一重で、たまたま一緒にランチしただけで、「この人、けっこういい人かも……」なんて突然“好き”に転じたりもするものなのだ。嫌いになるのもひょんなこと、好きになるのもひょんなこと。だからもし“気にくわない人”があなたにいるとしたら、それってホントの“嫌い”なのかを見極める必要があるのかもしれない。じつはちょっとしたことで、“好き”に転じる程度の嫌いなのじゃないかってことを。

  • 1
  • 2