1. 女は言葉をよりどころに生きられるか? 女を幸せにする言葉と不幸にする言葉

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

女は言葉をよりどころに生きられるか? 女を幸せにする言葉と不幸にする言葉

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

女は言葉をよりどころに生きられるか? 女を幸せにする言葉と不幸にする言葉

たとえば、「僕が必ず幸せにする」とか、「一生好きでい続ける」とか、プロポーズによく使われる愛の言葉を、女は普通一度聞いたら忘れない。それを何度も何度も心の中で引っ張り出し、そのたびに“信じ直し”ては、生きる糧としたりする。まさに言葉をひとつの“よりどころ”として生きることができるのが女という性。女にとって、“言葉”は、とても重たいものなのである。

単純に、女は言葉で「好き」とか「愛している」と言ってもらわないと伝わらないと言い、男は逆に言葉にすると安くなる、と言う。まあ、今ごろそんな不器用なことを言っているのは、日本の男だけ。言ってしまって責任をとりたくないのかもしれないが、ともかく男より女の方が、言葉を大事にする。いわゆる“名言”をお守りにしたり、歌詞に生き方を教わったりするのは、やっぱり女の方で、女は“おしゃべり”をどこかで生きる上での栄養素にもしてる。だから、「必ず幸せにする」と言われれば、今はぜんぜん不幸でも、その言葉を希望にして生きられるほどなのだ。

  • 1
  • 2