連載 齋藤薫の美容自身stage2

女は言葉をよりどころに生きられるか? 女を幸せにする言葉と不幸にする言葉

公開日:2015.04.23

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

たとえば、「僕が必ず幸せにする」とか、「一生好きでい続ける」とか、プロポーズによく使われる愛の言葉を、女は普通一度聞いたら忘れない。それを何度も何度も心の中で引っ張り出し、そのたびに“信じ直し”ては、生きる糧としたりする。まさに言葉をひとつの“よりどころ”として生きることができるのが女という性。女にとって、“言葉”は、とても重たいものなのである。

単純に、女は言葉で「好き」とか「愛している」と言ってもらわないと伝わらないと言い、男は逆に言葉にすると安くなる、と言う。まあ、今ごろそんな不器用なことを言っているのは、日本の男だけ。言ってしまって責任をとりたくないのかもしれないが、ともかく男より女の方が、言葉を大事にする。いわゆる“名言”をお守りにしたり、歌詞に生き方を教わったりするのは、やっぱり女の方で、女は“おしゃべり”をどこかで生きる上での栄養素にもしてる。だから、「必ず幸せにする」と言われれば、今はぜんぜん不幸でも、その言葉を希望にして生きられるほどなのだ。

でもその分、女は失敗も多い。2回目のデートで「愛してる」が言えちゃう軽薄な男にハマったり、「必ず幸せにするよ」が口グセの、いつまでたっても無職の男にこだわり続けたり。言葉は時に女を不幸にする足かせとなったりもするのだ。

「MASA、君は私にとってインスピレーションの泉であり、究極の理想だ」そういう言葉で妻となる白洲正子に交際を申し込んだのは白洲次郎。実際には英語で語られた言葉。でもこんなことを言われたら、一生その言葉を糧に生きてもいいと思う。それこそ、女冥利に尽きる評価。女にとって、これ以上ないほどに手応えある珠玉の告白だ。もちろん、言っている方も覚悟の上。知性と気概に溢れた男が、魂を込めて言った言葉なら、一生をその言葉にかけてみてもいいし、その言葉を自分の中の軸にして、生きてみてもいい。そこには明らかに“言霊”が宿っているから。私たち女は、男の言葉にその言霊が息づいているのか否かをいちいち見極めなければいけないのだ。

偶然か必然か、「私のインスピレーションの源になってほしい」と言った人もいる。デヴィ・スカルノにプロポーズした時のインドネシアのスカルノ元大統領。デヴィ夫人はその言葉を今も大切に心の中に住まわせ、それを誇りにしている。この人の気高さは、あるいはこの言葉から生まれているものなのかもしれない。インスピレーションの泉、インスピレーションの源……まさしく魂を揺り動かすほどの存在という意味。そういう言葉を男から引き出せることのすばらしさをあらためて知ってほしい。だからこそ、そういう言葉が口に出せる男を探したい。ありきたりではない、でも無駄にキザな言葉を吐くわけじゃない、しっかりと魂に響き渡る言葉をもつ男から、一生ものの言葉を引き出したい。それで女の運命は変わる。

「あなたこそ究極の理想と言ってくれる男を探す。言葉に”言霊”を宿す男を探す。」

Edited by 齋藤 薫

公開日:2015.04.23

Serial Stories

連載・シリーズ