1. あなたは、友だちが何人いますか? 友だちと親友の知られざる定義

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

あなたは、友だちが何人いますか? 友だちと親友の知られざる定義

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

あなたは、友だちが何人いますか? 友だちと親友の知られざる定義

「あなたには、友だちと呼べる人が何人いますか?」ある機関が行った調査では、20代30代の社会人の回答が、平均で約18人。一方“親友の数”は、約3人という結果になった。この結果を、あなたは多いと見るのか少ないと見るのか?「友だちができない」「人付き合いが面倒」と訴える人が増えている時代にしては、ちゃんとした数字が出てきた気もする。でもそれは、友だちの定義そのものが変わってきたせいもあるのじゃないか?まず、この18人はつかず離れず、“連絡を取り合っている親しめの知人”の数にすぎないのかもしれないし、“一緒にご飯”を2回以上やると、知人から友だちになるのだという説もある。いずれにしても、友だちの条件は以前よりゆるくなった。

ちなみにフェイスブックの目的は「昔の友人を探す」「自分の近況を知人に伝える」が多くを占めるらしいが、それによるフェイスブック上の友だちは平均で26人。そういう方法でも友だちの数を増やしたい人が、今増加傾向にあるのだ。じゃあ“親友”とは誰か?アンケートから得られたコメントには、「恋の悩みを聞いてくれる人」とあった。そうなのだ。女は女同士、“恋愛相談”によってこそ親密になれるのは普遍の法則。しかしここには大きな関門があって、親友が恋に“悩んでいる”うちは親身になれても、自分よりもはるかに幸せになっていった時、同じように親身になれるのか?という問題がある。

  • 1
  • 2