1. 年齢とともに、友だちは増えましたか? 減りましたか? 友だちと親友、増減の法則

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

年齢とともに、友だちは増えましたか? 減りましたか? 友だちと親友、増減の法則

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

年齢とともに、友だちは増えましたか? 減りましたか? 友だちと親友、増減の法則

アンケート結果を見ると、学生時代のほうが、“社会人平均”よりも10人近く友だちの数が多かったりする。学校って友だちを作りに行くところとも言えるから。それが年齢を重ねるほどに、“整理”されていくのは世の常。ひとつの区切りは30代で、子育てばかりに追われる人と独身の人では生活形態はもちろん価値観や人生観も露骨に変わってくるから整理がすすむ。ところが50代くらいになると、ずっと母親やっていた人も、子供のいない人や独身の人とまた精神的に歩み寄るようになり、人はいずれ“ひとりの単位”になるのだと気づきはじめて、友だちの掘り起こしにかかったりするのだ。だから友だちは、一度減っていくが、また増えていく。そういうもの。

しかもそういう時、私の親友って誰だっけ?と思い出す時、ポッと顔が浮かぶのは、やはり学生時代の友だちだったりする。それも学生時代の友人には、自分の恥ずかしい部分も困った部分も否応なしに見られてきたから。そこに生まれるのは、信頼以前の安心感。だから学生時代の友だちがそのまま親友、というタイプには単純に裏表がないのである。

  • 1
  • 2