連載 齋藤薫の美容自身stage2

自分をリニューアルする方法 もっと簡単に”気”の流れを変える

公開日:2015.04.23

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

人には、無性に“自分を変えたい”と思う時がある。特に女はそういう意味で時々悶々とする。女はもともとも向上心のかたまり、幸せになることに貪欲だから、“このままの道を進んでいくとひょっとすると幸せになれないかもしれない”というカンが働く。だからわりに頻繁にこう思うのだ。“生活を変えなきゃ”と。“生き方を変えなきゃ”、“自分を変えなきゃ”と。

そして多くの場合、その予感は当たっている。そのまま日々を過ごしても、ギアが外れた自転車みたいにいくら漕いでも進まない。すると女は必ず焦り出す。基本的に幸せを急いでいるのが女だから。たとえばそういう時にひどく羨ましく思うのが、劇的に人生を変えようとする女たち。先ごろ、結婚と妊娠を同時に発表した加藤ローサのように、半年前に出会った人とたちまち恋に落ちて、たちまち人生を共にする、そういう激変を羨ましいと。しかし、それを羨ましく思う人ほど、自らそういう運命の渦の中に身を投じることはできなかったりする。リスクがあることには自ら入っていけない人が、羨ましがるのだ。

でもそういう人ほど反対に、転職する人を羨ましがらない。転職みたいに、自分がゼロから動かなきゃならないことは厄介だと思うから。そう、“自分を変えなきゃ”と思って焦る時って、人はエネルギーを失っているのだ。パワーがある時は、変えなきゃと悶々とする前に、とっとと何かを変えている。パワーがないから変えたいと思うのだ。つまりそういう時って、転職はおろか、 自ら婚活を始める気概ももてないほど、ある種、心が弱っているのだ。でも今のまま日々をやり過ごしたのではもっとパワーを失うはず。だからこういう時こそ、“気”の流れを変えるべき。

たとえばだけれど、もっとも簡単なのは“ソファの位置を変えること”。もちろん引っ越しでもできれば理想なのだけれど、それもかなりのエネルギーのいること。だからソファを動かす。ダイニングテーブルを動かす。少しでもいいから変えて生活に新しい流れをつくるのだ。それが無理なら、使い慣れた生活道具をともかく捨てる。歯ブラシからコーヒーカップからフライパンまで。いや、いちばんいいのは下着だろう。もちろん家の中を徹底して整理したいが、弱っている時にそれは無理。

だからともかく、いちばん身近なものだけ捨てる。使い慣れた使い古したものには魂が宿っているから、それを“捨てるだけ”で新しい気がどっと流れ込んでくるはずなのだ。生活必需品なら当然、新しいものを買いに行かなきゃならない。買わなきゃならない義務感が否応なしにエネルギーを吹き込んでくる。それだけで生活が変わり、自分が変わる。身近な物に宿る魂を新しくする、それが自分をリセットするカギなのだ。弱っている時は身近な物から無理のないリニューアルを始めたい。それでも充分、人は変われる。

「”何かを変えなきゃ” “何かを変えなきゃ”と思う時ほど、人はパワーを失い弱っている」

Edited by 齋藤 薫

公開日:2015.04.23

Serial Stories

連載・シリーズ