1. 誰でも石原さとみ顔になれる♡ おさえるべきヘアメイク4大ポイント

2016.05.04

誰でも石原さとみ顔になれる♡ おさえるべきヘアメイク4大ポイント

かんたんテクで誰でもなれる♡ メイクとヘアのディテールをほんの少し変えれば、あの可愛さに近づける。美のプロ二人が編み出したこの“似せテク”でアナタも変身してみない?

誰でも石原さとみ顔になれる♡ おさえるべきヘアメイク4大ポイント

さとみメイク 絶対おさえる2大ポイント☆

POINT1:キュートで色っぽな横長アーモンドアイ

VOCE6月号,石原さとみ顔,さとみメイク,横長アーモンドアイ,

清楚さと愛らしさを醸す横長のアーモンドアイに近づくには、強すぎない発色のラインで目の幅を自然に延長するのがポイント。終点はハネ上げず目尻の影に溶け込ませるように! 下まぶたには明るいシャドウを仕込み、涙袋の存在感を強調して。

POINT2:山をつぶしたぷっくりリップ

VOCE6月号,石原さとみ顔,さとみメイク,ぷっくりリップ

彼女の最大のチャームポイントである唇は、ボリュームだけでなくフォルムも重要。上唇の中央、山部分のエッジをつぶすようにややオーバーめに色をのせることで、唇全体が丸い印象に。カラーはコーラルピンクやベージュなど、肌なじみのよいものが◎。

さとみヘア 絶対おさえる2大ポイント☆

POINT3:ワンカールシースルーバング

VOCE6月号,石原さとみ顔,さとみメイク,ワンカールシースルーバング

前髪は長い人も短い人も、必ずアイロンでふんわりとワンカールさせ軽く横に流した後、指で部分的に隙間をつくってシースルーバングに。額をがっつり見せないことでさりげない小顔効果が期待できるし、前髪に透けをつくることで、ヌケ感も生まれる。

POINT4:毛先に軽さを出すふわっと巻き

VOCE6月号,石原さとみ顔,さとみメイク,ふわっと巻き

ストレートでもなく、ゴージャスな強めカールの巻き髪とも違う。ふんわり、やわらかな動きがさとみヘアの特徴。長さやヘアスタイルによって巻き方や使用するアイロンの太さはそれぞれだけど、いつでもゆるいニュアンスを持たせることを忘れずに!

教えてくれたのは

●ヘア担当

ヘアスタイリスト,飯田尚士

ヘアスタイリスト 飯田尚士さん 
某有名ヘアサロンの人気ヘアスタイリストを経て、独立。「BELLE OMOTESANDO」ほか原宿と銀座にサロンを展開。女性誌のヘア企画に引っ張りだこ。愛車はポルシェ。
http://belle-omotesando.jp/

●メイク担当

ヘアメイク,AYA

ヘアメイク AYAさん
VOCEでもおなじみの売れっ子。最新メイクトレンドを普段使いできるように落とし込むテクニックは、まさに神の領域! スイーツ好きなのにスレンダーという、なんとも羨ましい体質の持ち主。

撮影:城 健太/Vale.(人物)、恩田亮一(商品)
ヘアメイク:AYA/LA DONNA(メイク)、飯田尚士/BELLE(ヘア)
スタイリスト:川崎加織
取材・文:中川知春
構成:大木光

VOCE2016年6月号,表紙

VOCE2016年6月号
特集 なれるものなら石原さとみ「グッとくる美人!」になろう
詳しくは→http://i-voce.jp/magazine/magazine_voce/