連載 齋藤薫の美容自身stage2

打ち込むものがある女の幸せ 恋愛と自分磨きの力学

公開日:2015.04.23

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

“人の心”には、いくつかの引き出しがあって、だいたい入れるものが、決まっている。そもそも女は、頭の中にもいくつの部屋をもっていて、だから、同時にふたつのことができるのだそうである。たとえば、歯を磨きながら体操をしたり、TVを見ながら手紙を書いたり、男は逆で、ふたつのことが同時にできない。たぶん女は、細かいことをたくさんこなさなきゃならない宿命にあるから、女が生きやすいように、神様が作ってくれたのだ。どんなことでも“ながら”ができるよう。心の中に引き出しがいっぱいあるのも、女は心の整理が上手じゃなく、すぐに感情が取っ散らかってしまうから。きちんと整理できるよう、整理ダンスのような仕組みになっているのである。

そして、とても不思議だけれど、“恋愛感情”と“何かに打ち込む心”は同じ引き出しに入るようになっている。“習い事”をいくつもして英会話も習って……みたいな人が誰かと“熱愛状態”にあることは少ない。自分磨きを一生懸命する人が、同時に“恋多き女”であることは少ないのだ。その引き出しを埋めることは、何を意味するか? 言うまでもなく“生きている充実感”。女として“満たされているかどうか?”、それは“愛されていること”か、“何か打ち込むものがあること”か、どちらかでしか得られないものなのだ。

そして、この引き出しが空っぽだと、女はどうしても“自分探し”に走る。打ち込むこともなく恋愛もしていないと、女はだいたい自分を探し始める生きもの。しかし“自分探し”というのは、言うは易しで、やってみるとだいたいこれが途方にくれる。だから今はそういう時のひとつの行き場として、パワースポットが重宝されるのだろう。ちなみに恋愛と仕事は同じ引き出しには入らないものだからこそ、恋愛と仕事の二者択一には意味がないし、恋がうまく行っていると仕事がおろそかになることもないのだ。逆を言うなら、仕事をいくら頑張っていても、“女としての満足感”を入れる引き出しは埋まらない。だから仕事をしながら、自分を探し続ける人も少なくないのだ。ましてやそれは、いくら贅沢な買い物をしても決して埋まらない引き出し。物質では決して埋まらない引き出しがあることをよく覚えておきたい。

恋愛は相手があることだから、うまく操れなくても、何かに打ち込むことは、何もかも自分主導。自分を磨くことは、すべて自分主導でできるから、その引き出しがスカスカになってきたら、ともかく動き出してほしい。何かを始める。何かに打ち込む、打ち込めないなら次のこと。またダメなら次のこと。女はそれをしていないと、さもなければ、恋愛していないと、不幸感に嘖まれる宿命にあるのだから。こんなふうに女の心の中の仕組みを知っておくだけできっとラクになる。少なくとも、物でも仕事でも埋まらない引き出しだけは何とか埋まった人生を送るべきであると。

「恋多き女は、自分磨きをしない。恋も自分磨きもしない女は、自分探しをする」

Edited by 齋藤 薫

公開日:2015.04.23

Serial Stories

連載・シリーズ