連載 齋藤薫の美容自身stage2

泣く男と泣かない男の正体。 どんな涙を流す男を選ぶべきか?

公開日:2015.04.23

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

ひょっとすると、女よりも男のほうが本来“泣き虫”なのかもしれないと、最近は思えてきている。結婚式で先に泣き出すのは、花嫁より花婿で、母親より父親だったりするほど、今や女は泣かなくなり、逆に男はよく泣くようになった。もともと女がよく泣くのは、宿命的に弱い立場で“耐える”ために泣くことが多かったから。それが今や立場も強くなり、今の女は明らかに“悔しい”から泣くようになった。だいたいが、女はみんな気が強い。“気が小さい”のはもっぱら男のほうで“小心の女”って、じつはあんまりいないから、“悔し涙”以外はあまり流さなくなったのだ。逆に男は、もともと女より“義理人情”に弱いというDNAを持っているから、結婚式で涙もろくなるのは無理からぬこと。しかし職場や家庭でも、男はよく泣くようになった。女のように。

記憶に新しいのが、元大臣の悔し泣き。あれは単純に、上司のせいで突き上げられ、なのに“大臣をいつ辞めるのだ”と突き上げられて、悔しさから顔を覆ったわけだが、気づいただろうか?あの泣き方は“自然にあふれ出る涙を慌てておさえた”という行為じゃなく、むしろ“ワッと突っ伏して、みんなを困らせようとする”女の泣き方。おそらく、今の自分はこんなに辛いのだと、世間にアピールしたかったのだろう。少なくともああいうふうに泣けば、自分はガンバッているのに、上司の首相がそれを邪魔するのだということまでがハッキリと世間に伝わる。今どき、女もああいう泣き方はしないほど、涙を武器にした泣き方だ。

それより何よりいちばんいけないのは、“自分のために泣いちゃった”こと。男は少なくとも、自分のために泣いちゃいけない。悔しかろうが、辛かろうが、自分のために泣く男はマズイのだ。いわゆる“男泣き”は、基本的に他者のために流す涙を言うはずで。それも男の涙は、義理人情や正義感や、何らかの感動で流される涙であってほしいという思いの表れ。逆に、そういう涙が流せる男は“買い”なのかもしれない。

たとえば、サッカーでPKを外した駒野選手は、あのあともずっと泣き続けたというが、それは外した悔し涙というよりは、他のメンバーに迷惑をかけたこと、また日本国民の期待に応えられなかったことへの責任感の涙だったと思われる。他のメンバーが流したのも、最初は悔し涙だったはずだが、途中から駒野選手の立場を考えてのものに変わった気もする。だから男の涙が感動を呼び「良くやった」という気持ちになれたのである。

つまり、男は涙で品定めできる。自分のために泣く男は絶対NG。他人のために泣ける男こそを選ぶべき。男がよく泣くようになったからと言って、男の涙を否定はできない。むしろ女にはない純粋さからの涙であることが多いのだから。それだけに男の涙は、見逃さずに。ともかく、何のための涙か、とことん見極めることである。

「男は涙で品定めできる。自分のために泣く男は絶対NG。」

Edited by 齋藤 薫

公開日:2015.04.23

Serial Stories

連載・シリーズ