連載 齋藤薫の美容自身stage2

結局いつも、破局する女 でもしがみつく女よりくすまない

公開日:2015.04.23

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

“いつも破局する女”も、ある種中途半端な自信 を備えた女が多くなる。“次もある”と思うから、知らず知らず、終わっちゃっても別にいいというエネルギーが働いてしまうのか。いや厳密に言えば、プライドは高いのに、それに見合うだけのどっしりとした自信まではもっていない女が、破壊のエネルギーをもってしまうのだ。恋する女にとっていちばん厄介なのが、このプライドで、それを支えるだけの自信があれば、恋愛でも堂々としていられるが、そこが今ひとつアンバランスで、自信が乏しいと、自分のプライドを守ろうとするあまり、相手を否定しにかかり、気がつくとわざわざ関係を壊していたりする。

そもそも別れを繰り返すのは、男の選び方を間違っているケースが圧倒的に多く、ただその場合も、「男運が悪い」が女の口グセだったりする。一方、男のタイプを問わず、男に対してやたらに注文の多い女は、関係が深まってくると、あそこがダメ、ここがダメと、決まって相手の評価を下げていく。男にだけ異様にシビアな女もぜったい続かない。いずれにせよ、“始まっても始まっても、ダメになってしまう女”は、ほとんどが自分で壊しているのにそれに気づかず、いつも“悪いのは相手”だから、同じことを何回も繰り返すこととなるのである。

しかし、“別れ”を恐れないのは、一方で喜ばしいことではある。関係をぶち壊すのがクセになってしまうとマズイが、本来は別れるべき関係なのに、ひとりになるのがコワくて、無理矢理にでも続けようとしてしまう、そういう形よりいい。ずるずると引っ張って、傷ついてボロボロになって、そのあげくに結局別れる、みたいな形になるより、多少乱暴な生き方になってしまっても、別れが重たくならないうちにさらりと別れてしまった方が、女として傷まずに済むはずなのだ。

しかも“次がある”という自信はあるから、それが破壊のエネルギーとなるわけで、その切り換えの早さが女としての新しい魅力を生んでいくことだけは間違いない。つまり、別れるたびに、女は存在感を増していくということなのだ。恋の数だけ、というより、別れた数だけ、女っぷりがあがっていく。しがみつく女よりもはるかに……。だいたいが、ひとりになることを恐れていない女が、経験を積むほどに存在感を強くしていくのは間違いなく、少なくとも女をくすませることにだけはならないはずなのだ。男は今みんな「自立している女の人がいい」と言うらしい。別れを恐れぬ女はそれだけで魅力的なのである。

ただ、別れを繰り返すのも30代半ばまでにとどめたい。30代後半になってからの別れは、どっちにしてもどっしりと重くのしかかる。いや、30代からは“無理にしがみつかずに、でも別れないこと”をテーマに生きたい。恋愛をしすぎると、必ず「あの時の彼の方がよかった」と過去の別れを後悔するようになり、そうなると、もう誰がよくて誰がいけないのかわからなくなる。誰にも決められなくなっていく。そのうち恋によって自分がすり減るようになってしまうから。何度別れても、決して別れを後悔しないうちが花である。

「『別れた彼の方がよかった』と後悔し始めたら、女の人生、袋小路」

Edited by 齋藤 薫

公開日:2015.04.23

Serial Stories

連載・シリーズ