1. 女がなりたい女No.1、ミランダ・カーの幸せになるための恋愛ルール

2016.05.03

女がなりたい女No.1、ミランダ・カーの幸せになるための恋愛ルール

世界中の女性に「ミランダみたいになりたい!」と熱狂されてきたitガール、ミランダ・カー。抜群のスタイルでヴィクトリア・シークレットのランジェリーモデルを務め、今や『VOGUE』誌のカバーガールを飾るトップモデルで、おしゃれな私服スタイルも憧れの的。キャリア絶好調だけどプライベートも充実していて、キラキラしたハッピーオーラ全開。——そんな現代のシンデレラ・ガール、ミランダが実践していた、幸せになるための恋愛ルールがこちら。

女がなりたい女No.1、ミランダ・カーの幸せになるための恋愛ルール

恋愛関係についてアドバイスするとしたら、「自分に正直になる」、「何を望んでいるのかはっきりさせる」ってこと。もし初デートのあと、電話をかけても返事がなかったら「これはもう縁がない」と思って忘れることね。

最近アラサー、アラフォーの女性たちと話していて思うことは、「自分が何を欲しいのかわかっている女性って意外と少ない」ってこと。

「婚活ブームだから」、「30歳を過ぎたから」、と、周囲のムードに乗せられて結婚を焦ってみたり。じゃあ結婚に焦点を絞って男性を選ぶのかと思いきや、不倫の恋や、明らかに責任感が薄くて結婚願望ゼロの男性ばかりと交際を繰り返していたり——。

掲げている目標が、自分が腹の底から望んでいることじゃないからこそ、彼女たちは恋愛や婚活において、迷走してしまうんじゃないかと思うのだ。

そんな女性たちが「あんな風になれたら——」と憧れる存在のミランダ。それは、ミランダが無理せず、自然体で今の幸せを掴んだように見えるから。

でも彼女の幸せって、戦略ナシに棚ぼた式ラッキーで手に入れた物では決してない。売れないモデル時代の下積みや、学生時代につきあっていたボーイフレンドの突然の死。様々な試練や経験を乗り越えて、彼女なりにハッピーになるための法則をみつけたからこそ、今のミランダ・カーがあるのだ。

「自分に正直になる」、「自分が望むものをはっきりさせる」。——シンプルだけど、大事なこと。そして結構、難しいこと。

そういえばミランダって、以前別の男性とつきあっているときにもオーリーにアプローチされたことがあって、そのときはきっぱり断ったそう。その後恋人と正式に別れてから、ふたりの関係が進展したんだとか。

駆け出しのモデルがハリウッドスター(しかもオーリー!)からのお誘いを断るなんて、考えるだけでも意志が強くないと難しそう。だからもしかしたら、そのときミランダは、「私は遊びの恋じゃなく、真剣な交際相手しか望んでいない女なの」ってことを、オーリーに態度で示したのかもしれない。だからこそ、女好きのオーリーが、ミランダに対しては遊びじゃなくて真面目に向かい合ったのかも。

それはミランダが自分が欲しいものをちゃんとわかっていて、その自分の気持ちに正直に行動出来たから。そして「初デートで電話が来なかったらあきらめられる」くらいに、相手との関係を冷静に客観視できる眼を持ち続けていたことも、大きいんじゃないだろうか。

幸せは、世間や他人の価値観じゃなく、“自分基準”で決めること。

それがミランダのようにハッピーオーラ溢れる恋愛を手に入れるための、大切な人生のルールなのだ。

photgraph:AFLO