1. 婚活女性に贈りたい、アン・ハサウェイ流「理想の王子様のみつけかた」

2016.05.12

婚活女性に贈りたい、アン・ハサウェイ流「理想の王子様のみつけかた」

2012年にジュエリーデザイナーのアダム・シュールマンと結婚した、女優のアン・ハサウェイ。4年間の交際を経てのゴールインだったけれど、とにかくアンが彼にベタ惚れ。「彼はパートナーに求める条件をすべて満たした男性」、と、1年経った今も、アダムと居るときは常にデレデレの笑顔♥ スピード離婚も珍しくないハリウッドにおいて、夫婦になっても一緒に居るのが楽しくなっちゃうような理想の男性をみつけられたアンって、すごくラッキーだと思う。そんな彼女が語っていた、「理想の王子様のみつけかた」がこのフレーズ。

婚活女性に贈りたい、アン・ハサウェイ流「理想の王子様のみつけかた」

私だけの王子様をみつけるときに重要なことは、親切さね。それから、忍耐力と、ユーモアのセンス。それらの資質を持ち合わせていなければ、彼は理想の王子様ではないわ!

Kindness is really important to me in finding my own prince - so are patience and a sense of humor. Without those qualities he's no Prince Charming!

読むとすぐ気づくのだけれど、アンが挙げている条件って、すべて内面のお話。ルックスとか、世間的ステイタスとか収入なんていう表面的な条件は何も入っていない。当然と言えば当然のことなんだけど、いわゆる“婚活”中のときって、こういう基本的なことを忘れがちだったりしないだろうか。恋愛のときは直感で相手を選べていたひとでも、「結婚」という二文字が目的になった途端、「彼の勤務先は?」、「長男? 次男?」、などなど、突然、長〜いチェックリストが必要になってしまうのだ。女性って、なんて打算的(笑)!

でも実際、結婚生活を続けるにあたっていちばん重要なのは、一緒に居て安らげて、どんな困難でもふたりなら乗り越えられる、絆の強さ。で、アンの理想の王子様の資質は、それに相応しいものとなっている。親切=つまり、相手を思いやる心、そして忍耐強さがなければ、愛やお金だけあっても、共同生活は成り立たない。そして意外と重要なのが、ユーモアのセンス。苦境にあっても、それを笑い飛ばせるタフさとユーモアのセンスがあるパートナーだったら、長い人生の道のり、何があっても心強く居られるだろうから。

人によって、王子様の譲れない条件も様々だとは思う。アンの条件が絶対とも言えないだろう。だけど、結婚して1年経っても道端で夫と熱い抱擁を交わし、彼と居るのが嬉しくてたまらない、というアンのハッピーな表情を見ていると、愛する男性によって内面的に満たされるというのが、女性にとって、どれだけ大切なことかというのを教えられる気がする。

アンはこうも言っていた。「彼と出会って人生のプランが狂ったの。私はしばらくひとりで居ようと思っていたのよ。でも彼に出会って、まるでバカみたいに恋に落ちたの。彼のことを、本当に愛しているわ」。

結局、そんな風に思える相手こそが、最高の王子様ってことなんだよね。だからもし今あなたが婚活中だったり、恋人と結婚するかどうかで迷っているなら、とりあえず条件のリストは脇に置いといて。アンがみつけた王子様のように、一緒に居るだけで嬉しくて、自分にとって、人生のプランを狂わせてでも恋に落ちる価値がある相手かどうか、を、考えてみるといいかもしれない。

photograph:AFLO