1. やっぱり前向きになれない女たちへ 後ろ向きがいけない本当の理由

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

やっぱり前向きになれない女たちへ 後ろ向きがいけない本当の理由

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

やっぱり前向きになれない女たちへ 後ろ向きがいけない本当の理由

ある“後ろ向きな人”がこう言った。「いいわよね、前向きな人は。いつも自分がいちばん正しくて、何でも人のせいにできて。だから前向きでいられるのよ、羨ましい」確かにそう。前向きな人は自分を信じられるから前向きでいられるわけで、この言い分は一見スジが通っているように見える。でもよく考えると、それって逆なのじゃないかとも思えてくる。たとえばだけれど、アカデミー賞と同時期に発表される、ゴールデンラズベリー賞こと “最低最悪映画賞”の授賞式において、不名誉なトロフィーをわざわざもらいに来た大女優は今までに2人いるというが、それはハル・ベリーとサンドラ・ブロック。どちらも“最高賞”のオスカーも獲っている人である。シャレがわかるのはもちろん、それ以上に自信があるから、そしてこんな恥ずかしいことにもフタをしない前向きさがある人たちだから、堂々とドレスアップしてやってきて、自虐ネタで自分をおとしめられるのじゃないか。こんなこと、後ろ向きな女にはとうていできやしない。

言いかえれば、“正しい自信”をもっていれば、人はちゃんと自己批判ができる。私が悪いのだと認められる。だからちゃんと正していこうと思えるのが、前向きになれること。もちろん前向きな人だって、自信満々なわけじゃないけれど、自分のミスをきちんと認めて、それでもへこまない。だから自分をていねいに正していける。結果としてどんどん前へ行ける人を前向きというのである。

  • 1
  • 2