1. "新・頑張らないと気がすまない女"は、なぜ頑張るのか?

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

"新・頑張らないと気がすまない女"は、なぜ頑張るのか?

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

今のAKBの上位メンバーたちの異様な頑張りを見ていて、ちょっと懐かしい気がした。ひと昔前の女たちの、“がむしゃら”さによく似ていたから。いわゆるバブルのまっただ中に社会に出た女たちも、頑張れば何でも手に入ると思っていた。当然のように、隣の女との間にいろんな軋轢も生まれ、だから余計に強くなって、もっと頑張ってしまうのだ。でもなぜそんなに頑張るの?というなら、やっぱり“イチバン”になりたいから。少なくともAKBは、グループ内でも、またこの世界でも“イチバンになること”そのものが仕事のようなタレント。イチバンになる努力と苦悩と情熱は確かに圧巻。かつての日本の女も同じだった。

あの頃に比べると、日本の女は“がむしゃら”じゃなくなった。でも頑張るのをやめたのかというとそうじゃない。頑張る人は、音もなく静かに頑張っている。新しい形の頑張りがそこにあるのだ。イチバンになるための頑張りじゃないから、ぶつかり合いもない。頑張らないと気がすまないから頑張るだけ。ひたすら“ちゃんと生きるため”。不景気になったり、大震災があったり、日本がヤバイと言われたり、みんな少しずつ“不安”を感じ、ほどほどに自信を失っているから、そういう時ほど人はちゃんと生きたくなり、心静かに頑張れるのだ。

結果を求めないから不思議に挫折もしない。つぶれることなくずっと頑張れて、だからいつの間にか、いろんなことがうまく運ぶ。今、人生うまく行く人は、みんなこのタイプ。そしてこういう人はたぶん、いつも「どこかで誰かに見られているから」、ちゃんと生きなきゃと思うし、頑張れるのだろう。“どこかで誰かに見られている”と思うと、人はズルくも意地悪にもなれなくなる。部屋を散らかし放題にできなくなる。レースのほつれた下着はつけられなくなる。いい加減にもなれなくなる。生きる上で一瞬一瞬に、手を抜けなくなるのだ。

  • 1
  • 2