1. 恐ろしくいい男を恋人にした女の運命 そこに見る、不思議な女心

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

恐ろしくいい男を恋人にした女の運命 そこに見る、不思議な女心

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

恐ろしくいい男を恋人にした女の運命 そこに見る、不思議な女心

ちょっと想像してみてほしい。もしもダルビッシュ有があなたの夫だったらと。もしも向井理があなたの恋人だったらと。嬉しいけれども困る、というのがホントのところなのじゃないか。そういう意味で、ダルビッシュの元妻はずい分と勇気があった。いや、恋愛中はそんな困惑が入り込むスキなどないのだろうが、気持ちが落ち着いてきた時、急にモロモロ不安になるはずで、いちいち疑い深くなるか、なんだか“素直な女”になれなくなるのかのどっちか。

結局、あのカップルは破局した。ただその原因については、当然“夫の浮気”だろうと誰もが想像したのに、途中から妻の方にも“男の存在あり”と報道されるようになる。何となくわかる気がした。勝手に決めつけて申し訳ないが、あくまで“一般論”として、こういうケースでは、何もないうちから男の裏切りを心配するあまり、逆に女はある種の保険が欲しくなる。だから、何だかとても大胆になって、自分の“女”の部分を外に向けてアピールしたくなるのだ。

実際に夫に裏切られたら、逆にそんなゆとりはなくなり、その不実を暴くことに必死になるのだろうが、まだ“そういう可能性に怯えている”段階だからこそ、大胆になれてしまう。言いかえれば、女は “仕返し”って、なかなかできないもの。本当に心が伴わないと浮気ってできないのが女という性。だからこそ心にゆとりがある時に、自分がキズついて傷まないよう予防線を張るものなのである。

  • 1
  • 2