連載 齋藤薫の美容自身stage2

わざわざブサイクな男と付き合う女の運命 そこにある間違った女心

公開日:2015.04.23

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

イケメンは好きじゃない。どちらかと言えば、ブサイクがいいという女は決して少なくない。で、そこにはたぶん、ふたつの心理が働いている。ひとつはちょっと古い概念だけれども、男は顔がいいと中身が空っぽの可能性がとても高いという思い込み。これは美人やバストの大きい女は頭があまりよくないという、昔ながらの思い込みと同じで、まったく根拠がなく、ただただ“天は二物を与えず”と思いたい、平等意識が生み出した幻想だった。ただ、顔がいい男はいろいろ期待されるから、その分、中身がないのが目立つ傾向にはあるのかもしれないが。

でも今、昔よりもはるかにイケメンがちやほやされる時代。女美人よりも男美人の方がちやほやされる時代。イケメンは努力をしなくなり、ブサイクは以前のブサイクより、ひねくれてしまう傾向にある。だからそこでひとつ確かなのは、わざわざブサイクを選んだ方がいい理由は、もうあまりないのだということ。もうひとつは、ブサイクな男といた方がラク、という考え方。しかしこれも、顔のいい男を意識するがゆえの反動と言えなくもない。以前にやたらに顔のいい男と付き合って、へとへとになったから、そこへ逃げ込んできた人もいるだろう。でももしそうなら、反動や逃避はやがて破綻する。ブサイクな男の前で、自分がとてもイヤな女になったりする可能性もあるのかもしれない。わざわざブサイクな男を選ぶのは、だからやっぱり不自然だ。好きになった人がたまたまブサイクだった……のでなければ、必ず何らかの不都合が起きるのである。

だから結果として、わりに多くの女たちがハマるのが、サル顔の男たち。“イケメン”ではないが、ブサイクでもない、それとは明らかに違うベクトルをもっている“岸谷五朗”的な顔立ちは、人間のオスの原型に近いから、女は本能でそういう顔を求めるのだ。言ってはナンだが、“美女と野獣”的な言われ方をする木下優樹菜の夫もこのサル顔。同じくくりにはできないが、西島秀俊や大森南朋のような個性派にも、その“原型的”なニュアンスがあり、だから妙にモテるのだ。彼らの顔は、理屈抜きに女が本能で求める顔。だからその選択は正しい。

何を言いたいのかと言えば、男も女も“顔”に関しては、本能で、そして直感で、第六感で選ぶこと。あれこれと考えて理詰めで顔を選ぶと、あとで必ず歪みがくる。“生理的にダメな男だけは選んじゃいけない”とよく言われるのは、生理的な好き嫌いばかりは、理屈ではどうしても変えられないからなのだ。そしてまた、顔なんて、二の次という考えがある一方で、相性とは顔だという言い方もある。パートナーの顔は一生見続けるもの。嫌いな顔の男との生活も、何事もない時はいいが、相手にネガティブな感情をもつようになったら致命的。“顔も見たくない”というのが訣別の言葉であるように、女の幸せのカギは男の顔がにぎっていたりするのだ。

だから本能で選んだ顔と暮らしたい。サル顔が落ち着くのは、単なる好みじゃなく、本能なのだと心得て。従って顔の好みも侮ってはいけない。女の運命にかかわってくるものだから、理屈で好みを曲げてはいけないのだ。直感を信じて、恋をしたい。

「女は”本能で選んだ顔”と暮らしたい。理屈で好みを曲げてはダメ」

Edited by 齋藤 薫

公開日:2015.04.23

Serial Stories

連載・シリーズ