1. 美しくなくても愛される女を考える たとえば"あの人"はなぜモテまくる?

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

美しくなくても愛される女を考える たとえば"あの人"はなぜモテまくる?

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

美しくなくても愛される女を考える たとえば

ごくたまに“ブスの恋”みたいなドラマがつくられると、そこに描かれるのはもっぱら“女は美しくないと愛されない”、でも“美しい心を持てば、いつかは必ず愛を得られるハズ”というふたつのこと。でもそれ、ちょっと間違っている。女は別に美しくなくても、愛を得られるという現実があることを知っておくべきだ。乱暴に言ってしまうと、男には明快にふたつ、どうしても美人しか受けつけないタイプと、顔の造作には基本的にこだわらないタイプがあるからで、世の中それでなきゃ成り立たない。

今まで一度も男女交際をしたことがないと明言していたブスキャラ芸人が、本当に唐突に“電撃結婚”を発表したりするケースは、枚挙にいとまがない。別に彼女たちが“美しくない”わけじゃなく、自ら選んでそういうキャラでずっと生きてきたから、自分はそうそうすんなり結婚などできるはずがないと踏んでいたのだろう。いや世間の予想も同じ、だから結果として人々を驚かせる。けれども、彼女たちを選んだ男たちにしてみれば、少しも特別な選択じゃない。それが彼らの基準なのだから。愛される上でいちばん大切なのは、やっぱり自分を愛してくれる男を見つけること。結局それだけなのだ。彼が毎日連絡をよこさない、週一しか会おうとしないと悩むのはナンセンス。男にも毎日会いたいタイプはいる。そういう男を選ばないとこの悩みは延々と続いてしまう。人を愛するペースが自分と同じ人を見つければ、恋愛はいともスムーズになり、すべての女は確実に愛されるのに。

  • 1
  • 2