1. 美しいのに愛されない女を考える "あの人"がいつもフラれるワケ

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

美しいのに愛されない女を考える "あの人"がいつもフラれるワケ

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。


続いて、ウィノナ・ライダー。愛くるしい美貌はデビュー当時、驚きをもって迎えられ、ジョニー・ デップと婚約までしながら破局。その後は無謀な恋愛が目立ち、途中“万引き”などの奇行も目立ったことで、失恋の後遺症とも言われた。もともと恋愛に深くハマりやすい女の挫折は、男にとってさらに“重たい女”をつくってしまうということか。美人も“いい女”も、付き合う前のイメージは、ほぼ完璧。何の根拠もないが、美人は100点満点から交際は始まる。だから逆転負けも多いのだ。イメージよりも面倒な女だったり、暗い女だったり、重い女だったりすると、美人は極めて不利。どんどん点数が減り、恋心が愛に変わる前に、減点が一定量を超えてしまうという。逆に美しくない人は40点とか50点から始まり、加算式で評価を上げていくからむしろ愛が発展しやすい。何と言っても愛は恋が終わってから、おもむろに出てくるものだから。

“美人は意地悪だから愛されない”とか“美人はゴーマンだから愛を得られない”という昔ながらの法則は今の時代には通用しない。今の美人は、むしろ自分に自信がなくて愛を失うケースの方が多いのだ。愛されたい女は、わずかでも卑屈になったらおしまい。たぶんそこに美人の落とし穴がある。美人は堂々としていればいいのに。威張ってはいけないが、堂々とした美人でい続ける、大らかに男を振り回す。これが美人が愛される意外なコツなのである。

「愛されたい女は、卑屈になったらおしまい。美人は自信たっぷりでいた方が愛される」

  • 1
  • 2