1. いつも損をする女たち

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

いつも損をする女たち

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

いつも損をする女たち

たとえば、グループ面接のような場面で、ほとんど何も発言できなかったから、100%ダメだろうと思っていると、思いがけなく“採用通知”が届いたりすること、じつは少なくない。存在感を示せなかった者が、逆に存在感を持ってしまう不思議。“損して得とれ”の諺どおり、損と得は明らかに背中合わせになっている。それでも、損したことが得にならない、損ばっかりしている女がいるのは確か。つまり、“損をする女”には、2種類いるのだ。本当にいつも損をしてしまうタイプと、一見損しているようだけれど、損して得とるタイプと。“その違い”って一体どこにあるのだろう?

「これ、誰かやっといて」と言い置いて、上司が帰っていったあと、「誰かって一体誰がやるの?」というじっとりした沈黙があった時、その重みに耐え切れずに「じゃ、私、やっときます」と、ついつい口に出してしまう女がいる。何でそんなことを言っちゃったのだろうと悶々としながら、ひとり仕事を片づけても、翌朝、誰がやってくれたの?とは聞いてもらえないし、褒められもしない……それは果たして“損な女”だろうか?たぶんそういう損は、やがて得になる。自分がやったことをわざわざアピールしなければ、“徳”という名の得を得るからだ。“得”は単なる利益だけれども、“徳”とは自らを高めること。良いことをして、優れた品性や人格が育まれていくこと。

  • 1
  • 2