連載 齋藤薫の美容自身stage2

いつも得をする女

公開日:2015.04.23

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

人は残念ながら平等ではない。“対等”ではあるけれど、持っているものを比較すると平等ではない。やっぱり才能や美貌やいろんなものをたくさん持って生まれた人と、それほどたくさん持たない人がいるのは事実。つまり生まれつき得な人と損な人が存在するのは確かなのだ。それでも損をしている女は、自分を“損な女”と思ってはいけない。損を損と思わないことが幸せへの道。

でも逆に、“生まれつき得な女”は、自分がそういう女であることをきっちり自覚しつつ、世の中“平等”であることを自ら積極的に示すべき立場にあることを忘れてはならない。つまり、放っておいても得をする女は、その代わりに妙な言い方だが、わざわざ損することも必要。ひとりチヤホヤされ、優遇されそうな場面で、あえて控えめに振る舞うみたいな、あえて誰か他の人に“主役”を譲ったりするような、そういう余計な気配りを反射的にできること。でないと、自らがあちこちで不公平を生み、“あの女、いい気になって”という中傷は避けられない。世の中は得する人間が大嫌い。理由なく恨んでしまう。だからこれは得な女が当然持っておくべきバランス感覚なのだ。

でも女って、ひとり優遇されるのが3度のご飯より好きで、どうしたって舞い上がる。それも女にとって、“ひとり得すること”はイコール“幸せになること”だからなんである。本当は得しっぱなしを自ら上手に回避できてこそ、才能も美貌もちゃんと評価される世の中なのに。たとえば女子アナ界などは、下剋上が日常茶飯事。メジャーな番組のMCを、ひとりの人気アナが先輩たちを差し置いて独占したりしがちだが、そういうNo.1アナほど独立が早いのも、フリーになった方が得だからだけじゃない。むしろ自分ばっかりチヤホヤされている現実にだんだんいたたまれなくなるからなのだ。バランス感覚を持っていると、得な女ほど辛い境遇に置かれる。得なんてするもんじゃないのだ。

もちろん、嫌われてもいいならば平然とひとり得し続ければいい。チヤホヤされても、当然とばかりにひとり占めすればいい。でも、そういうふうにあっちこっちで不公平を生んでいることに、何の後ろめたさも持たずにいると、いつかどこかで“しっぺ返し”に合う気がしてならない。なぜならば、人間はやっぱり平等。最終的に公平にできているから。単純に、若い頃は街を歩けばみんなに振り向かれた人が、40代になってパッタリと振り向かれなくなる喪失感はけっこうなもので、もともと振り向かれない女よりも損失は大きい。例外は、マドンナと松田聖子くらい。それだけとっても、人間は最終的に公平って思うのだ。

人は平等でなく生まれるけれど、最後は平等になってしまう。いくら得をしてもその分だけいつかプラマイゼロになるのだと心して生きよう。逆に言えば、チヤホヤされるのも若いうちだけと思う謙虚さがあれば、一方で喪失感も生まれないから、かえって幸せに繋がる。それを知ってる女だけが、人生を心穏やかに送れて、幸せという真の得をする。ということで、最後まで得をし続ける女は、ほとんどいないと考えた方が無難。だから得を得と思う分だけ、損をするのが人生なのである。

女はひとり得をすることが、すなわち幸せって思い込む生き物

Edited by 齋藤 薫

公開日:2015.04.23

Serial Stories

連載・シリーズ