1. 女と女の本当の相性

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

女と女の本当の相性

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

女と女の本当の相性

女同士の場合は、相性以前に“誰とでも合う人”と“誰ともあんまり合わない人”が決定的にいる。あなたは10人の女がいたら、何人と合う女だろう。それを何となくでも把握しておくべきだ。その人数があなたのイメージを決めているのだから。「私、だいたいの人と大丈夫なんだけど、彼女だけはダメ」「私も、彼女はダメ」。でもその“彼女”ともかろうじて合う人はいて、そういう人はたぶん10人いたら10人すべてと合う女。人は基本、人を好きな分だけ人にも好かれ、人を嫌いな分だけ人にも嫌われるから、人間の許容範囲はそのまま好感度となる。だから10人のうち3人しか合わない人は“ちょっと取っ付きづらい女”、2人しか合わない人は“難しそうな女”、そして1人しか合わない人は“嫌な女”。知らず知らずそういう印象を醸し出している。

でも、“女同士の相性”の仕組みは案外複雑で、それだけじゃ終わらない。単純に“似た者同士”と“正反対の者同士”、どちらも相性はいいと言われるが、たとえば、前向きと後ろ向きの人は案外うまく行ったりする一方、悪口を言う人と言わない人は、基本的に合わないと考えるべき。

まず、後ろ向きな女の話は、前向きな女じゃなきゃ気がめいって聞いていられない。逆に、前向きすぎる女の話は人を疲れさせるから、いっそ後ろ向きな女の方が楽に聞いていられる。同様に、“否定形ばかりの女同士”が会話をすると、最初は同調できても、やがてお互いを否定することになり、必ず破綻が起きるから否定×肯定の方が、組み合わせとしてはうまく行く。否定してもしても肯定で受ける会話は、お互いを疲れさせず、イライラさせないからである。

  • 1
  • 2