1. 歳を重ねても重ねても、素敵になれない人のなぜ?

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

歳を重ねても重ねても、素敵になれない人のなぜ?

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

歳を重ねても重ねても、素敵になれない人のなぜ?

今、“歳をとらないこと”は、むしろ簡単だ。シワひとつない顔を60代70代まで保っていくことが、実際に不可能ではない時代になってしまった。けれども、シワがないこととキレイであることとは別。ましてや女として素敵であることとはまったく別。おそらくこのまま美容医療が進化していけば、ものすごく若いのに、ものすごく“変な人”が急増していくことになるだろう。

もちろん、80年代90年代の美容整形はひきつったジョーカー顔や、唇が厚すぎるダック顔をいっぱい輩出してしまったと言われ、“若さ”のために“美しさ”を犠牲にした人がたくさんいたけれど、これからの時代、“若さ”のために“素敵”を失うという新しい問題が生まれそうなのだ。

みんな忘れているけれど、「素敵!」ってじつは最高の褒め言葉であり、「キレイ!」よりも上級の魅力。年齢にまったく関係なく、20歳だろうが60歳だろうが、“イチバンの女”になれる魅力。そもそも素敵な人は基本的に“年齢不詳”。シワがあっても若い女に勝てるから“がむしゃら”にはならないし、優しくなれる。だから素敵は最強なのだ。じゃあ素敵のモトとは何か?

  • 1
  • 2