1. 歳とともに、幸せが遠のいていく人の、なぜ?!

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

歳とともに、幸せが遠のいていく人の、なぜ?!

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

歳とともに、幸せが遠のいていく人の、なぜ?!

人間は最後の瞬間、自分は幸せだったか不幸せだったかを、一瞬のうちに判断する生きもの。幸せの記憶と不幸せの記憶、どちらがどれだけ多く鮮明かで、その人の幸不幸が決まるのだ。だからこそ、女は歳を重ねるほどに、幸せな時間を増やしていかなきゃいけないのである。

でも“女の幸せ”にまつわるアンケートで、いちばん幸せなのは“30代”という結果が出た。なるほど20代には迷いや不安がありすぎて、のんびりと“私、幸せかも・・・・・・”なんて思うゆとりはない。それが30代になると進む“方向性”が見えてきて、生き方も決まってくる。家庭か仕事か恋か、はたまた自分磨きか、自分にとっていちばん大切なものが見えてきて、心が定まってくる。それも“自分”というものがわかってくるから。しかも30代は、人生において何かといちばん忙しいから幸せなのだ。でもまた同時に、いちばん不幸感を感じるのは40代の終盤という結果が出た。30代から40代への幸せのこの急降下は、とても危ない。心の中だけでなく、見た目のキレイも蝕み、人生を投げてしまう危険があるから。

もちろん幸せ不幸せは必ず交互にやってくる。だから30代が幸せな分、40代に不幸に向かっていくのはある意味仕方のないことなのだけれども、でも、歳をとるほどどんどん幸せが増えていく一方の人もいる。幸せを減らす人と一体何が違うのか?先頃、ヤフーの新CEOに37歳の女性が大抜擢されたが、なんとその人は今まさに、出産も控えている。普通の女ならどちらかを諦めるのだろう。だいたいが、4年で3人もCEOが変わるほど迷走している会社の社長、そんなリスクの高い選択は勇敢な男でも考える。でもその人は、身重の体で自信満々にチャレンジ。立ち止まらないのだ。だからこの人には思いもよらなかった幸せが舞い込むのだ。もちろん不幸もやってくるけど、人生は必ずそのあとには幸せがやってくる仕組みだから。

  • 1
  • 2