1. 男はやっぱり顔なのか?

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

男はやっぱり顔なのか?

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

男はやっぱり顔なのか?

10年前なら、「男が“顔”、なわけないじゃない?」と言ったかもしれない。でも今は、「男もやっぱり顔!」。とは言え女には、人生がかかってる。人生の選択にはまったく別の基準をもってのぞむはず。もちろん、キタナイよりキレイな方がいいが、そこは男たちとは違う。夫の顔がいくらキレイでもそれで幸せになれないことなど百も承知。ただしまったく別の意味で、女にとって“男の顔”は、生きていく上でとても重要だということは知っておくべき。自分にとっての“運命の顔”ってあるからだ。“運命の顔”の男と結ばれることが、人生においてとても重要なことなのだ。女は“自分を幸せにする男”を直感的に見抜く能力を与えられているのだから。

そもそも顔には“いろんな情報”が示されていて、男の場合はメイクでその情報を操作することもできないから、なおさらいろんなものが盛り込まれていく。だから“人相”というものを決して侮ってはいけないのだ。顔には、人間の“品質”みたいなものが、そっくり提示されるのだから。見るからに上等な生地で作られた“仕立てのいい服”って、3メートルくらい離れたところからでも、凛としたオーラを放っていて、ひと目で高級であることがわかるもの。逆に、安ものはどう上手にディスプレイされていても安もの。モノの悪さって隠せない。男の服ほどそうなのは面白いが、男の顔もそれに近い。品質が遠目からでもひと目でわかる。女は自ら“発光する肌”で遠目に視線を集めようとするけれど、男はまた別の“人相のオーラ”が良くも悪くも遠くまで届くのである。女はそれを見逃してはいけない。自分を幸せにしてくれる男が、イヤな顔であるはずはないから。

  • 1
  • 2