連載 齋藤薫の美容自身stage2

男はやっぱり顔なのか?

公開日:2015.04.23

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

10年前なら、「男が“顔”、なわけないじゃない?」と言ったかもしれない。でも今は、「男もやっぱり顔!」。とは言え女には、人生がかかってる。人生の選択にはまったく別の基準をもってのぞむはず。もちろん、キタナイよりキレイな方がいいが、そこは男たちとは違う。夫の顔がいくらキレイでもそれで幸せになれないことなど百も承知。ただしまったく別の意味で、女にとって“男の顔”は、生きていく上でとても重要だということは知っておくべき。自分にとっての“運命の顔”ってあるからだ。“運命の顔”の男と結ばれることが、人生においてとても重要なことなのだ。女は“自分を幸せにする男”を直感的に見抜く能力を与えられているのだから。

そもそも顔には“いろんな情報”が示されていて、男の場合はメイクでその情報を操作することもできないから、なおさらいろんなものが盛り込まれていく。だから“人相”というものを決して侮ってはいけないのだ。顔には、人間の“品質”みたいなものが、そっくり提示されるのだから。見るからに上等な生地で作られた“仕立てのいい服”って、3メートルくらい離れたところからでも、凛としたオーラを放っていて、ひと目で高級であることがわかるもの。逆に、安ものはどう上手にディスプレイされていても安もの。モノの悪さって隠せない。男の服ほどそうなのは面白いが、男の顔もそれに近い。品質が遠目からでもひと目でわかる。女は自ら“発光する肌”で遠目に視線を集めようとするけれど、男はまた別の“人相のオーラ”が良くも悪くも遠くまで届くのである。女はそれを見逃してはいけない。自分を幸せにしてくれる男が、イヤな顔であるはずはないから。

そういう意味で「顔が好き」も、男選びの大切な決め手。プロフィールがすばらしいから、顔はあんまり好きじゃないけど目をつぶるというのは、やっぱり危険だ。いわゆるブサイクランキングを競う顔にも、好きな顔って必ずあるもの。逆にイケメンにも、ダメな顔は必ずある。詳細はわからなくても、ヤバそうな顔の男はやっぱりヤバイのだ。そういう意味でも、男もやっぱり顔。顔って結局のところ、印象の大部分を決めている。顔と顔で人が出会う。それを軽く見ては絶対にいけないのだ。

少し前まで、顔のいい男は“中身がない”という決めつけがあった。それは、顔が美しい男にそれだけで惹かれてしまう危険を回避するために、自らに思い込ませた防衛策だったわけだが、そんなことをしなくても女はみんなちゃんとわかっている。その男が自分にとってどういう男なのか、顔を見ただけでちゃんと悟っているのだ。わかっていて、気づかないふりを自分に対してしてしまうことがあるのだけは確かだが。

男もそこまで顔ならば、女はなおさら顔なのだと肝に銘じたい。自分の顔をより良くすることが、何だかんだ運命を高めていくことを、あらためて思い知るべきなのだ。ひたすら美容するだけじゃなく、自分はどんな品質顔で生きているのか?もう一度見直してほしい。単純に人は顔をないがしろにしすぎる。女も毎日美容してキレイになるだけで、安心していてはいけない。顔はそれ以上に、人から見られているのだから。

女と男は、やっぱり”顔”と”顔”で出会っている。女の運命を決めるのも、結局、顔。美人か否か以前に”人間の品質”が丸見えだから

Edited by 齋藤 薫

公開日:2015.04.23

Serial Stories

連載・シリーズ