連載 齋藤薫の美容自身stage2

“軽い女”は幸せを見逃す

公開日:2015.04.23

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

何をもって“軽い女”というのか、そこは男の“チャラさ”のように明快ではない。美容とオシャレで頭がいっぱいでも、TVばっかり見ていても、それだけでは“軽薄な女”に見えないのが、女の特性。でもひとつだけ確かなのが、女は軽いとブスに見えるってこと。軽い美人は“美人”に見えないってこと。そういう意味での軽量測定の決め手となるのは、言うまでもなく“身持ち”。男が落とすまでにどのくらい時間と手間がかかるのか?

もちろんそれは、男から見た体重だけれども、女は確かに軽々に男といっぱい付き合ってしまうと、何が良くて何が悪いかわからなくなり、男の本質を見る視力もどんどん鈍って、運命が見えにくくなる。幸せのきっかけすら見逃してしまうのだ。でもそれ以上に、女の重さ軽さを決定的なものにするものがある。“言葉”である。単純な言葉づかいはもちろん、会話に出てくるひとつひとつの言葉の質が、そのまま存在の体重となる。女は男以上に、言葉にイメージを左右されやすいのだ。

ハスッパな言葉づかいが、女を安く軽薄に見せるのは言うまでもないけれど、無駄に自分を高く見せようとする身の丈に合わない言葉選びもじつは女を軽く見せている。女のランクが言葉で決まる何よりの証だ。そして、いちばん重要なのはここ。限られた言葉しか使わない、毎年同じ数の同じ言葉しか使わないでいると、女はどんどん軽くなる。なぜなら、人間は言葉でモノを考える生き物。つまり言葉を知らないと、考えは浅いまま。いつも同じ言葉ばかり使っていると、思考も単純なまま、モノを考えなくなり、歳だけとって、精神が成熟していかない。存在がどんどん軽くなると覚悟すべきなのだ。年齢とともに重厚になっていくためには、ボキャブラリーを増やしていくこと。ハッキリ言ってそれしかないのだ。

男が「若い子は苦手」と言う時、そこには“若い女=言葉が軽い女”という決めつけがある。正直、歳を重ねても軽いままの人はたくさんいるけれど、歳をとることがイコール言葉が重くなることなら、ちゃんと言葉を重くしていかないと、女は絶対に魅力を生まない。歳をとるほどキレイを壊すことにもなるって知っておく。もちろん言葉の数が多く、モノをよく考える女は、10代でも重い。おそらく知的な40男と恋をする20代女も、目立って言葉は多いはず。相手も多ければ、もっともっと言葉の数と質を増やし、二人して重厚になり、人生も充実するはずだ。だから人は多くの言葉に囲まれて生きる環境が必要。いちいちモノを考える暮らしが必要。それでこそ、大人は美しく歳を重ねられる。逆にそうでないと女は、いくら若く見えても美しくは見えなくなる運命にあるのだ。

最後にもうひとつ。夢や目標をもってる女は重い。何も目指していない、何も挑んでいない、何も待っていない女は、その分存在が軽くなる。毎日ただ無為無策にふわふわ生きている時って、やっぱり見た目にも軽く見えてしまうのだ。人間って不思議。日々を重く生きないと、どんどん存在感が希薄になる。生命力も心なしか弱くなる。だから人生の視力も弱くなって、幸せを見逃してしまうのである。だから人間、重く生きなきゃダメ。

女は単純に軽いとブスに見える。軽薄な美人は”美人”に見えない。だから無為無策に生きてはダメ

Edited by 齋藤 薫

公開日:2015.04.23

Serial Stories

連載・シリーズ