1. 早咲きの女は、人生を4回生きよう

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

早咲きの女は、人生を4回生きよう

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

早咲きの女は、人生を4回生きよう

なぜだか思い切り感情移入させられてしまう女子フィギュアで、今シーズンもまた少し胸にズンと来ることがあった。安藤美姫が“来期引退”を表明したと思ったら、噂のモロゾフコーチが「結婚も考えたが、フラれた」と発言。相手がそんなことを語り出せば、24歳の女心はまた千々に乱れることになるのだろうと、私たちの心も一緒に揺らぐ。“早すぎる成功”を果たした早咲きの女の辛さを無意識に想像してしまうからなのだ。その一方で、子役が大ブレイクしたのち、アッという間に飽きられてしまったりすることに心を痛める人もいるはず。これからの長い人生、どうしていくのだろうと。いや、ハリウッドでは子役で成功すると10代のうちに生活がアレ、20代で身を持ち崩すと言われるが、ブリトニーやリンジー・ローハンの“リハビリ”はまさしく早咲きがもたらした悲劇と言える。

かくして、人より早く成功するのは、その喜びが大きい分だけ、やがて来る虚無感や喪失感は大きく、ヘタをすると心のバランスをくずしかねない。だから人はすべからく、知っておかなければならないのだ。人生はものすごく長いのだって。イヤになるほど長いのだって。

そこで提案、あらかじめ人生は4つに分けて考えよう。“起承転結”という4つに。成功したい人も、幸せになりたい人も、一日も早くと結果を急ぐものだけれど、でも成功も幸せも時間的な持続性はまったくなく、場合によっては一瞬で終わってしまう。だから若いうちの幸せも成功も“起承転結”の“起”。始まりにすぎないと考えるべきなのだ。たとえそれが長続きしなくても、自分の人生はこれで確実に動き出したのだ、と思うべき。

  • 1
  • 2