連載 齋藤薫の美容自身stage2

二人が嬉しい女と、一人で生きたい女

公開日:2015.04.23

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

恋愛における“男と女の相性”って、とりあえずは“会いたい頻度”なのではないかと思う。つまり、恋人とは毎日会いたい女と、“2週間に1回会えばいい男”が恋愛したら、たぶんいきなりつまずく。メールや電話の頻度も同様で、そのズレを乗り越えることが、些末に思えてじつは恋愛においてはいちばん難しいのである。

結婚までこぎつけてしまえば、と思うけれど、 二人が嬉しい女と、本来一人がいい男は、家の中 でもやっぱりズレを生じる。そういう場合、二人でいたい女は“二人でいる喜び”を相手に教える工夫をしつつも、相手を“一人”にしてあげる努力もしないと、たぶん絶対にうまくはいかない。 もともと“一人でいたい感情”の方が強いからである。二人でいたい人間は、一人でいたい人間には負けてしまう。なぜなら“一緒にいたいの”と相手にまとわりつく者は、単純にうとまれる運命にあるのに対し、“一人でいたい”と相手を遠ざける者は、逃げれば追いかけられるという法則にのっとれば、逆にどんどん恋い焦がれられていくからだ。どう転んでも、“たまに会えばいい者”や“一人でいたい者”の方が優位に立つのである。

でもだから、“一人で生きたい女”は危険なのだ。 本来女は一人でいない方がいいし、生物学的にも人間は“誰か”とともに生きていきたい生きものとされる。けれども核家族化と少子化の両方の流れで、子供の頃から“自分の個室”をもっている子供が急増したあたりから、そういう子供が“一人でいたい女”に成長する可能性が増した。けれどもそれって、人生最大の“喰わず嫌い”となりうるもの。“誰”とも暮らすことなく、私は“一人で生きたい女”と言い切ることはとても危険なのだ。“一人でいたい人”の方が世の中、思い通りになってしまうからである。

知っていただろうか?実際に男と一緒に暮らしたら、“一人で生きたい女”の方が、むしろうまく行ってしまうこと。もともとがアカの他人と生活をともにする時、じつはとても重要なのが、“一人でも生きていける者同士”であること、だからである。結婚しない男にありがちな“潔癖症〞で、“チリひとつない部屋に住む人”は、確かに他人と暮らすのは難しいが、そうでなければ“一人”の単位で生きられる人間の方が、むしろ“誰か”と暮らすべき人。自分も相手も心地良く生きられ、穏やかな幸せが得られるからだ。なのに、“一人でいたい女”は、それを知らずに生きてしまうから、人生規模の損をする。

つまり“一人で生きたい”は思い込みか強がりか、何かのトラウマに他ならないのに、その間違った認識がまかり通ってしまうから、取り返しのつかない損をしがちなのだ。 皮肉なもので“いつも一緒にいたい女”は一緒にいる時は良くても、離れている時に相手への“引力”をもたなくなる。逆に“一人でいたい女”は、それだけで魅力的。その感情自体が、神秘性を生むからである。男と女は、夫婦になっても最後の ところで神秘性をもっていた方が相手を惹きつけ続ける。だから“一人で生きたい女”こそ二人で生きるのに向いているのだ。人間は所詮“一人”。 一人の単位でちゃんと気高く生きられる人ほど、いつでもどこでもちゃんと生きられるのだから。

“二人でいたい者”より”一人でいたい者”の方が、いつも優位に立ってしまう。 でもだから、”一人でいたい女”は危険なのである。

Edited by 齋藤 薫

公開日:2015.04.23

Serial Stories

連載・シリーズ