1. 真似したいメイクNo.1! 石原さとみの“さとみピンクライン”

2016.05.08

真似したいメイクNo.1! 石原さとみの“さとみピンクライン”

「石原さとみのまねっこ? そんなの元が違うから絶対無理!」そんなふうに思ってるアナタ、損してますよ~! だってメイクとヘアのディテールをほんの少し変えれば、あの可愛さに近づけるのだから。美のプロ二人が編み出したこの“似せテク”でアナタも変身してみない?

真似したいメイクNo.1! 石原さとみの“さとみピンクライン”

先生はこの二人!

●ヘア担当

Image title


ヘアスタイリスト 飯田尚士さん
某有名ヘアサロンの人気ヘアスタイリストを経て、独立。「BELLE OMOTESANDO」ほか原宿と銀座にサロンを展開。女性誌のヘア企画に引っ張りだこ。愛車はポルシェ。http://belle-omotesando.jp/

●メイク担当

Image title

ヘアメイク AYAさん
VOCEでもおなじみの売れっ子。最新メイクトレンドを普段使いできるように落とし込むテクニックは、まさに神の領域! スイーツ好きなのにスレンダーという、なんとも羨ましい体質の持ち主。

読者のまねしたいメイクNo.1の『さとみピンクライン』

昨年のVOCE4月号に掲載され大人気だったビビッドなピンクのアイライン。「ラインはシュッとさせるより、ポテッと太めに描いた方が可愛らしさを出せます。眉にも赤っぽい色を仕込み、全体的に甘く仕上げて」(AYAさん)。
ロングの印象が強い石原さんですが、ショートヘアでも似せることは可能!「前髪はシースルーだけどタイトに、その他はふんわりボリュームを出すことがポイントです」(飯田さん)

VOCE6月号,石原さとみ,ピンクライン,さとみメイク

まねっこテク①

VOCE6月号,石原さとみ,ピンクライン,さとみメイク

やや細め、25㎜のアイロンで全体をミックス巻きにしたら、ワシャワシャッとくずす。固めのワックスを少量つけたら前髪とフェイスラインをタイトに。

まねっこテク②

VOCE6月号,石原さとみ,ピンクライン,さとみメイク

ぼやけ印象にならないようまず上まぶたに極細黒ラインをひく。目尻から1/4の部分からピンクラインをオン。終点はハネ上げず、やや長めに。

使ったのはコレ!

ドローイング ペンシル ME ピンク12,シュウ ウエムラ

ラメがキラリと輝く、鮮烈なピンク。やわらかく描きやすい。
ドローイング ペンシル ME ピンク12 ¥2400/シュウ ウエムラ(限定発売)

完成♡

VOCE6月号,石原さとみ,ピンクライン,さとみメイク

動画もチェックして♡

撮影:城 健太/Vale.(人物)、恩田亮一(商品)
ヘアメイク:AYA/LA DONNA(メイク)、飯田尚士/BELLE(ヘア)
スタイリスト:川崎加織
取材・文:中川知春
構成:大木光

VOCE2016年6月号,表紙

VOCE2016年6月号
特集 なれるものなら石原さとみ「グッとくる美人!」になろう
詳しくは→http://i-voce.jp/magazine/magazine_voce/