1. マイウェイすぎ!協調性セロな人々にふりまわされてない?

2016.05.10

マイウェイすぎ!協調性セロな人々にふりまわされてない?

普通だと思っていた行動が実は特殊だった!? 流行りや周囲の意見にまったく揺るがない人々のエピソードなど、人とは異なる我が道を行くネット調査で集まった1000人の実体験エピソードをたっぷりご紹介します。

マイウェイすぎ!協調性セロな人々にふりまわされてない?

協調性ゼ~ロ~

★救いようがない
次の仕事の約束まで時間がなかった日、「サッとご飯を食べていこう」と蕎麦屋へ入った。みんなかけ蕎麦など、すぐ出てきそうなメニューを選ぶ中、「冷やし蕎麦とかき揚げのセット、わらび餅付きで」と頼んだ新人。まったく食べ終わる気配がなかったため先輩から「お前は帰社していいぞ」と置いてきぼりをくらったのに、手を眉の上に当てて「りょ」だって。(28歳・営業アシスタント)

★最初で最後のデート
フレンチレストランで、店側がタイミングを見計らって次の料理を出してくれていることにも気づかず、「ちまちまと出てくると煩わしいから、一気に全部持ってきちゃって」と言った男。しまいには、「お皿も余白が多すぎる。料理は、一緒盛りでいいから」と……。(30歳・空港内サービス)

★ぜひ一人旅を
旅行先のホテルで朝食を一緒に食べようと約束していたのに、「早く起きたから」と先に食事をして出発してしまった友人。交通の便が悪い土地で、あとで合流するのが大変だった。(24歳・公務員)

★往年のアイドル風味
シンプルなものが好きな友人は、結婚式の二次会でも装飾の少ないドレスを着ると宣言していた。その話を聞きつつも、段々フリルの真っ赤なドレスを着てきて、花嫁よりはるかに目立っていた友人よ、おバカなの?(25歳・事務)

★涙の熱唱
はしゃぎたくてカラオケに行ったのに「私、落ち込んでいるからバラード縛りにして」と先輩。お帰りいただいてもいいですか?(30歳・会社員)

★懇親拒否
新入社員の懇親会を開いた時、一人は携帯をひたすらいじり、もう一人は「二次元にしか興味がない」と。会話にならず……。(33歳・事務)

★“ひとカラ”のススメ
部署の打ち上げでカラオケへ行った。みんなが歌う曲を悩んでいると、同僚のN君がなんと8曲連続で予約。ひたすら熱く歌い上げ、自分の曲が終わったら、他の人の歌を聴くことなく、さっさと帰宅してしまった。(30歳・会社員)

★携帯ライトde着替え
ロッカールームでまだ着替えている人がいるのに、自分が出る時に電気もエアコンも切ってしまった先輩。しかも、電気のスイッチが外にあるため、着替え途中だと出るわけにいかず、暗闇の中、手探りで服を探し、着替えた。(26歳・製造)

★有機女子
食の安全にこだわる先輩女子は、会社の忘年会にオーガニックフードのレストランを予約した。さらには、コッテリ好きの取引先を接待する場にもオーガニックのベジタリアンレストランを選び、相手側からえらく不評だった。結果、エリート部署から異動することに。(27歳・IT)

イラスト:五月女ケイ子
文:金子優子 
構成:蜷川麻実

VOCE2016年6月号

VOCE2016年6月号
特集 なれるものなら石原さとみ「グッとくる美人!」になろう
詳しくは→http://i-voce.jp/magazine/magazine_voce/