1. 本当の友だちと仮の友だち。そして嘘の友だち。

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

本当の友だちと仮の友だち。そして嘘の友だち。

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

本当の友だちと仮の友だち。そして嘘の友だち。

友だちは友だち。分類などいらないと言うのだろう。でも何かの拍子に気づくかもしれない。ほとんどの友だちは、“仮の友だち”だったことに。学校の“友だち”の8割は、卒業すればただの“知人”になり、同じ会社の“友だち”も、職場が変われば9割がたはただの“元同僚”となる。逆を言えば、卒業や転職で、友だちが“濾過”されていくのが人生における人間関係なのだ。でも席を同じくしている時は、“仮”なのか“本当”なのかが見えにくい。同じ悩みをもつだけで、最大の理解者に思えるから。つまり、“本当の友だち”は、同じ悩みをもたなくなった時、一緒にランチをとる必然性がなくなった時に、見えてくる。

でも、同じ悩み以上に人を強烈に引きつけるのが、人の悪口であり、不平不満。ある種の共犯関係のような抜き差しならない結びつきを生むから、“友だち”とより錯覚しやすいのだ。また良心より“悪心”の方が基本的にパワーが強く、ひとり邪悪な心の持ち主がいると、催眠術のようにそれがうつっていく。しかしそういう結びつきの場合、昨日の味方は今日の敵。友情と間違えやすい“悪い共鳴”は、ひとたびバランスをくずせば、敵対心や嫌悪感を生みかねないから、“仮”どころか、“嘘の友だち”関係と呼ばなければならなくなる。

  • 1
  • 2