連載 齋藤薫の美容自身stage2

モテる女の不思議…… 結果、”面倒がらない女”がいちばんモテる

公開日:2015.04.23

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

どんな女がモテるのか?女はもうだいたい知っている。可愛い、優しい、明るい……この3大条件をクリアしていれば、女はあまり不幸にならないことも。しかし男は、“気の強い女”もじつは好き、など意外な条件も知っている。でも、今までの男女関係にはなかったモテの条件があらたに浮上した。それが“面倒がらない女”ということ……。言うまでもなく、今の男は女にマメじゃない。子犬のように寄ってくる男はめっきり減った。しつこく寄ってくる変な男の数まで減って、受け身を決め込んだら、それで終わり。今は出会いや恋を少しでも面倒がったら、それだけでモテない時代。

しかし、愛される女はただ積極的になるだけじゃなく、別の意味で“面倒がらない女”であることに気づいてほしい。単純に、人と関わることを面倒がらない。日々の暮らしを面倒がらない、生きることそのものを面倒がらない……そういう女が今は男絡みでも絶対勝つことを、ハッキリと再認識すべきなのである。

そもそも今、もっと確かなのは、人生に成功する女はもう100%間違いなく“生きることを面倒がらない女”。どういうことかわかるだろうか?何もかも持っている人がいた。結婚も出産もしていて、自分の仕事も持っていて、3ヵ国語喋れて、趣味も3つ。ボランティアもやっていて、別荘も持っていて、友だちもいっぱいで、ついでに恋もしていて……それを羨ましいと思わない人には、何の意味もないけれど、すごいのはそのすべてに手抜きをしていないこと。人間3人分くらいの人生なのに、すべてを完璧にこなしている。

一体どうやって時間をやりくりしているの?と聞いたら、「私、面倒がらないんです」……何だかグサリと来た。わりに多くのことを面倒くさがっている自分にとって、それは世にも耳の痛い話だった。自分がもし何ごとも“面倒がらない女”だったら、ぜったい別の人生を送っている。まさしく面倒がるか、面倒がらないかで、女の人生は大きく大きく変わるのだ。人生の密度や充実度が変わる。

幸福度ももちろん変わる。たとえば、ソファに座ったままなるべく動きたくないと思うか、面倒がらずにすぐ立って用を済ますか……その場では、ほんのちょっとした差だけれど、1年で趣味ひとつ分くらいの時間は捻出できるし、家の中はピカピカだし、心はいつも清々しく、そして何より、ソファにずっとしがみついているよりも、じつは身も心も疲弊していなかったりする。不思議だけれど本当。人間、面倒がる方が疲れる。エネルギッシュな人が面倒がらないのじゃなく、面倒がらない人が元気になるのだ。

その結果、“面倒がらない女”は必ずイキイキしているし、忙しいのにほがらか。不機嫌になったりもしない。身も心もつねに新陳代謝していて、浄化されているから、透明感もあり面倒がる女より間違いなく美しい。デートすればするほど、一緒に暮らせば暮らすほど、男を虜にしていくのだ。だって面倒がらない方が、人を楽しくするに決まっているし、一緒にいる人も幸せにするに決まってる。少なくとも今は、女が主導権を握るから、余計に“人生を成功させる女がモテる女”、それが面倒がらない女なのである。

要するに人生を成功させる女がモテる女。それが面倒がらない女なのである

Edited by 齋藤 薫

公開日:2015.04.23

Serial Stories

連載・シリーズ