1. やっぱり絶対に太ってはいけない女は誰なのか?

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

やっぱり絶対に太ってはいけない女は誰なのか?

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

やっぱり絶対に太ってはいけない女は誰なのか?

誰も太りたいとは思っていない。けれどもちょっとでも気を抜くと、たちまち肉がついてくるのは、人間の宿命に近い生理。誰にだって、いつだって、太る可能性はあるし、戻らない可能性だってあるのだから、全員が知っておくべきなのだ、それでも太っちゃいけない人がいることを。

まず、肉の似合う人と似合わない人がいるのは確かで、ズバリ不機嫌な顔に肉は似合わない。肉は機嫌のいい“笑顔”顔にしか似合わない。誰が決めたか、太った人はいつだって機嫌が良く、基本的に笑っている“気がいい人”と、世間が思い込むからだ。男には、アキバ系オタクのように、太っているのに笑わない、いつも難しい顔の男はいくらでもいるが、女の場合はみんな明るい、と。だから“ぽっちゃり”自体はキュートでも、笑顔でないと決して可愛く見えないのだ。従って、にこやかじゃない人は太っちゃいけない。誰とでも分け隔てなく話ができ、誰をも嫌いにならず、もっと言えば、誰からも好かれるタイプでないなら太っちゃいけない。逆に言えば、太ってしまったら人に好かれる女になるしかない。なるべきなのだ。

不思議なもので、世間は“太った女たち”には意地悪な心や嫉妬心はないと思っている。そして、自分のことを必ず好きになってくれると思い込んでしまう。なぜならば、太った女に対しては、世間の方が“好意をもちたい”と思っていて、だからみんないい人、私のことも好きに違いないと自らに信じ込ませてる。そうなることがいちばん収まりがいいと思うからなのである。だから太っている女に少しでも悪意を見つけると、必要以上の衝撃を受け、好意が一転疑問に変わる。なぜ彼女は私を嫌うの?ひょっとしてコンプレックス?

  • 1
  • 2