連載 齋藤薫の美容自身stage2

女と女の幸せの駆け引きについて考える

公開日:2015.04.23

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

“親友の定義”……ひとつにそれは、お互いの幸せを心から願ってあげられる関係を言うと思う。もちろん、“普通の友だち”が相手の幸せを願わないと言ってるわけじゃないが、“親友”ではない友だちの定義って、じつはけっこう曖昧。行き掛り上の友だち関係もあるはずで、“ママ友”をあえて“ママ友”と呼ぶのも行き掛り上のものだから?職場や趣味の友だちも、似たような成り行き上の関係である分、危うさをもっている。にも関わらず、アカの他人なら知ることもなかった相手の幸せを、多かれ少なかれ知らされることになるのが、“友だち”。だから、“友だち”の間に、どちらかの幸せが介在してくるのは、けっこうデリケートな問題なのである。そこには必ず、幸せの比較があるから。特に子供が同い年、職場が同じ、と置かれた状況が似ていれば、なおさら比較しやすく、少々複雑な感情を生んでしまいがちなのである。

近ごろ話題なのが、“フレネミー”と呼ばれる関係。フレンドとエネミー(敵)を合わせた造語で、友だちなのに敵、つまり友だちのふりをしながらも、じつは敵対心をもつ関係として、けっこう古くから問題視されてきた存在。というか、どこにでもある関係だし、誰でもなりうる関係と言ってよく、何の因果か、本能としてアッという間に “お友だち関係”を築く女同士には、宿命的にそういう魔物が棲んでいると考えるべきなのだ。たとえば、第三者のA子の悪口を自分からもちかけておいて、A子にわざわざ「彼女があなたの悪口言ってた」とチクるような……その程度の敵なら平気でいてしまう世の中だから、あえて友だちをあまりつくらないという人もいるくらい。被害者にも加害者にもなりうるからと……。

だいたいが明快な理由なく、まさに魔が差すようにフレネミー行動に出る人もいるから厄介なのだが、理由がある時の理由は、だいたいが幸せ比較をしたがための嫉妬なのだ。自分との幸せ比較……これが本当に魔物で、自他ともに認める“いい人”ですら、自分より幸せになろうとする友だちに、友だちゆえの嫉妬を覚え、そこで初めて、私ってじつは“イヤな女”なのかもと気づかされることすらある。だから人間関係において、いちばんやってはいけないことが、その“幸せ比較”。もちろんみんな、比較したくてするのじゃない。友だちは否応なしに、お互いの人生のあらすじを明かし合うハメになるわけで、だからこうしてほしいのだ。その都度、“幸せの駆け引き”をすること。

女はどうしても一面だけを見て“幸せ比較”をしてしまうが、人の幸せはもっと総合的なもの。夫の収入はウチの3倍から5倍?でも子供はウチの子の方が賢いしイイ子……だから、どっちが幸せかわからない、というふうに。彼女の方が美人だけど、私の方が彼氏に愛されている、というふうに。一見、すべてに恵まれているかに見える人も、必ず何らか問題を抱えているもの。もう何から何まで相手の方が幸せ、なんてことはないはずだから。女はだいたいがおあいこ、のはずだから。そうでないと、“親友”の幸せすら喜べなくなる。心の中で駆け引きするクセを。相手を許し自分を救い、イヤな女にならないために。

彼女の方が美人でも、自分の方が愛されている。そういうふうに、幸せの駆け引きを。女はだいたい”おあいこ”のはずだから

Edited by 齋藤 薫

公開日:2015.04.23

Serial Stories

連載・シリーズ