1. 美人と引き立て役の関係について、もう一度考える

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

美人と引き立て役の関係について、もう一度考える

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

美人と引き立て役の関係について、もう一度考える

『バチェロレッテ-----あの子が結婚するなんて!』という映画が公開された時、キャンペーンの一環として、秘めたる女たちの本音が公開されて、ちょっと物議をかもした。 「親友の婚約報告に、血の気が引いて、すぐに “おめでとう”と言えずに黙ってしまった」 「なぜ、あの子が私よりも早いの?ありえない」 「Facebookの結婚報告に“いいね!”は押さない」 「疎遠気味の独女仲間からの年賀状。“今年はいい報告ができそうです♡”予告ホームランならぬ、予告ゴールイン!イラッとしてしまう」

などなど“女友だちの結婚”を素直に喜べない女たちのつぶやきに、じつは私も……と密かに共感する人もいるのだろう。その映画は学生時代の仲良しグループで、いち早く結婚を決めたのが、グループの中でいちばん冴えないおデブだったことをテーマにしていて、けっこうな年頃の女友だちは、“なんであの子に先を越されなきゃなんないの?”と怒りと焦りと脱力感に苛まれるのだ。

今思うと、『SATC(セックス・アンド・ザ・シティ)』はそういう意味でまったく善意のドラマだった。4人の仲良しグループの誰ひとりとして仲間の幸せに嫉妬しない。結局最後まで結婚しないサマンサは、セックス至上主義の独身主義者。だから誰がどう幸せな結婚をしようが構わない。いや、誰も自分と仲間を比較しないから素直な拍手ができるのだ。なぜなら、誰も誰かを引き立てていないし、ひとり得する者もなし。それぞれ見事に個性的な女同士なら、比較できずにうまくいくという教え。

  • 1
  • 2