連載 齋藤薫の美容自身stage2

誰とも出会わない女の不思議

公開日:2015.04.23

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

“出会いがない”は、女たちの恒常的な悩みである。しかし厳密に言うとそれは、出会えない人たちがお互い安心し合うためのエクスキューズ。世の中、こんなに人間がいっぱいいて、一歩外に出ればたちまち何人とも袖を触れ合うのに“出会いがない”はずはない。それがどこかでわかっているから、他の人に同意を求めて安心したくなるのだ。「出会いってないよねー」と。 元気がない、テンションが低い、人に対する欲がない。だから出会っても出会っても、出会いの扉を開けられない人がいる。つまり、出会いには“力”が要るのだ。人と出会った瞬間、50%のエネルギーしか出せなければ人と出会えない。これはもう、自然の摂理に近いもの。美容用語で言う “生き生き”も、生命力がつくる磁場のような力線だが、そういうものを発していないと、人に会っていても会ったことにならないのだ。

たとえばブラピは相貌失認“失顔症”を告白したが、それも会った人全員を忘れるわけじゃない。何度会っても忘れられる人は、そこまでの磁場を持たない人なのだ。忘れられる方にも責任があるということ。力強く生きていないと、人と会っても気づかれない。少なくとも美人の方が出会いが多いなどと考えるのは、もともと間違いなのだ。また出会っていても出会いにならない人の多くは、関係を深める術を知らない人。たとえば、仲のいいクラスメートとも、仲のいい同僚とも、卒業すれば、会社を辞めれば、それっきり。人生に必要な人にはなっていかない。いくら生きても、“人”が積み重なっていかないのだ。その原因はおそらく、自分のマイナス要素を見せずに来たこと。人と人は、自分の弱みを見せた時、本当に出会うからである。男と女の出会いにおいては、お互いがお互いに関心を持ち、好感を持てば“出会い”になる。しかし、女同士はお互いがリスクを負い、心を見せ合わないと“出会い”にはならないのだ。そのためにもエネルギーがいる。相手との間に感情を動かすエネルギーがカギなのだ。

人は生涯において、自分の人生を変えてくれる人物と最低5人は出会うと言われる。友情を知る出会い、恋愛を知る出会い、尊敬を知る出会い、許すことを知る出会い、そして慈愛を知る出会い……すべては感情を育ててくれる出会い。逆を言えば、最低でも5つの重要な出会いをしないと、その人の人生はきわめて脆弱な薄っぺらいものに終わりがち。だから生涯をかけた出会いを人は5個以上果たさなければならないのだ。もちろん、それ以外の出会いを無駄とは言わないが、5つの出会いを確実に果たすためにこそ、多くの出会いを果たし、人と関わっていく感性を鍛えていかなければならない。出会いによって、人生を整えていく能力を磨かなければならない。だからやっぱり出会いは多いほうがいいのだ。5つの出会いを見落としてしまうほど多すぎてはいけないが。

30歳を過ぎたら数えてみたい。5つのうち、最低3つの出会いはもう果たしているはずだから。もちろんすでに5つとも果たしている人は人よりも人生が濃厚になり、より崇高なものになるはず。どちらにせよ、出会いが人を育てるのだということ。そこに気づかないまま人生を生きてはいけない。人に頼らず頼られず、人間ひとりだって生きていけると思う人は、大切な感情が育っていかない。それは人生における恐るべき損失である。

人間は生涯で、5つの重要な出会いを果たす。それなしに人生は厚みも力強さももたないのだ

Edited by 齋藤 薫

公開日:2015.04.23

Serial Stories

連載・シリーズ