1. 女の運命は、かくも"ホルモン"に支配されている

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

女の運命は、かくも"ホルモン"に支配されている

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

女の運命は、かくも

排卵日の女は放っておいてもモテまくるという運命論

「僕は、生理中の女性とすれ違うとわかっちゃう」。そう言った男がいる。なぜ?と聞いたら「何となく」。動物的なカンらしいが、やっぱり不気味だ。でも一方に、こんな実験結果がある。「男は、排卵日の女を好きになる」これを裏づけるため、アメリカのある大学が、排卵日とそうでない日の女性の魅力を、男子学生をモニターにして徹底比較。すると、ものすごいことがわかってしまう。

排卵日はエストロゲンの分泌量が高まり、肌のハリとツヤが増すのはみんな知っていたことだが、何と顔だちまでがキレイに見えることがわかったのだ。確かに生理前や生理中は顔がむくむが、そういう話じゃなく、本当に顔だちそのものが美しく整うのだ。じつはそれも、子孫を残すための生理現象、確実に“雄”の気を惹かなければならないから、生殖のために鳥が美しい声で鳴くようなもの。そうそう、排卵日の女は、声まで美しく魅力的になるらしい。“体つき”だって形の違いまでは認められなくても、フェロモンが全身から湧き出て、仕草はもちろん脚やくびれも、何やら色っぽく見えるのだろう。匂いも違う。それ自体をフェロモンと定義づけてもいいが、実際に匂いがしなくても、ある種のテレパシーで女は男に排卵日を伝えていたのである。

従って、その日はとんでもなくモテる。ひと目惚れされたり、いきなり求愛されたり、ありえないような出会いがあったり。人生レベルの不思議なことが起こったりする。それも見た目の変化だけじゃ説明がつかない。何やら神秘的な力が備わるから、“その日”は頭脳も冴えわたる。良い子孫を残すため、相手を見極める能力も全開になるわけで、生き物が“子孫を残す”というのはそのくらい絶対のこと。その宿命は変えられないのだ。